洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

The Beatles / 1962-1966 (1973年) - アルバム・レビュー

2012年01月14日
Rock / Pops名盤(70年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、The Beatlesの1973年のアルバム『1962-1966』の紹介です。
The Beatles / 1962-1966 (1973年)
The Beatlesの解散から3年後の1973年に発売された年代別2枚組ベスト・アルバム、通称『赤盤』と『青盤』のうち、『赤盤』です。2010年にデジタル・リマスター盤が発売されました。

このアルバムはGeorge Harrisonによる選曲と言われています。初期から中期にかけてのスタジオ・アルバム、具体的には『Please Please Me』『With the Beatles』『A Hard Day's Night』『Beatles for Sale』『Help!』『Rubber Soul』『Revolver』の7作品から26曲が選曲されています。

2009年にステレオ、モノラルの両方のデジタル・リマスター盤が全世界で発売された際、私はステレオに関しては個別のCDを、モノラルに関しては『モノ・ボックス』を購入しました。特にステレオのデジタル・リマスター盤のサウンドが立体的に聴こえ、感心した記憶があります。

今回改めて赤盤を聴いてみると、ベースの音の輪郭がくっきりし、聴き分けやすくなっているように感じました。

●収録曲
<ディスク:1>
1. Love Me Do / 2. Please Please Me / 3. From Me to You / 4. She Loves You / 5. I Want to Hold Your Hand / 6. All My Loving / 7. Can't Buy Me Love / 8. A Hard Day's Night / 9. And I Love Her / 10. Eight Days a Week / 11. I Feel Fine / 12. Ticket to Ride / 13. Yesterday

<ディスク:2>
1. Help! / 2. You've Got to Hide Your Love Away / 3. We Can Work It Out / 4. Day Tripper / 5. Drive My Car / 6. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) / 7. Nowhere Man / 8. Michelle / 9. In My Life / 10. Girl / 11. Paperback Writer / 12. Eleanor Rigby / 13. Yellow Submarine


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません