音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Ray Kennedyの1980年のアルバム『Ray Kennedy / ロンリー・ガイ』。
Ray Kennedy / Ray Kennedy (ロンリー・ガイ)
Ray KennedyはLAを拠点にシンガーやソングライターとして活動したアメリカのミュージシャン。60年代から様々なミュージシャンと接点があり、ソングライターとして多くの曲を提供してきた。

シンガーとしては、Barry Goldberg, Mike Bloomfield等と組んだロック・バンドのKGB(バンド名は、3人の頭文字をとった)での活動が知られており、1976年にアルバムを2枚残している。Michael Schenker Groupのリード・ヴォーカルを担当したこともあり、84年には来日して西部球場のステージで歌った。

ソングライターとしては、例えばBeach Boysの73年のアルバム『』に収録された「Sail On, Sailor」をBrian Wilsonと共作。同年のBeck Bogert & Appiceのアルバム『』の収録曲「Why Should I Care」もRay Kennedyが書いている。また、The Babysの77年のアルバム『』からのヒット曲「Isn't It Time」や、79年の『』からのヒット曲「Every Time I Think of You」は、Ray KennedyとJack Conradの共作。共にBillboard Hot 100チャートの13位をマークした。

ソロ・アルバムは2枚あり、本作がセカンド・アルバム。David Fosterがプロデュースを担当し、Steve Lukather(g)やJeff Porcaro(ds)などのTOTOの面々や、Bill Champlin/Tommy Funderburk/Tom Kellyという強力なシンガーが参加したことにより、メリハリの効いたエネルギッシュなサウンドになっている。特に、熱くエネルギーを放出するLukatherのギターには、TOTOのアルバムでのプレイに勝るとも劣らぬ魅力がある。

収録曲は全てRay Kennedyのオリジナル(全て共作)で、「Isn't It Time?」と「Sail On Sailor」もリメイクされた。哀しい歌が一曲もなく、瑣末なものを吹き飛ばすような豪快さと男気がある。「Just for the Moment」や「My Everlasting Love」などのバラードも絶品。Ray Kennedyの歌声はソウルフルで熱く、雄大で包容力があり、聴く者を誇らしい気分にしてくれる。

「My Everlasting Love」は、Bill Champlinの翌年のアルバム『Runaway』において、「Tonight, Tonight」という名前でカヴァーされた。また、「You Oughta Know by Now / ロンリー・ガイ」は八神純子の80年のヒット曲「パープル・タウン」の原曲として知られており、聴き比べると面白い。

艶っぽいジャケットはMoshe Brakhaによる撮影。Boz Scaggsの名盤『Silk Degrees』のジャケットを撮った写真家だ。

Ray Kennedyは2014年の2月に68歳で他界。私の "everlasting singer" である。

●収録曲
1. It Never Crossed My Mind / 閉ざされた心 - 3:32
2. Isn't It Time? - 3:57
3. Just for the Moment - 3:22
4. Can't Seem to Find the Time / 恋のラスト・ページ - 4:16
5. My Everlasting Love - 3:56
6. You Oughta Know by Now / ロンリー・ガイ - 4:31
7. Sail On Sailor - 3:24
8. Starlight - 4:32
9. Let Me Sing You a Love Letter / 涙で綴るラヴ・レター - 4:00


◆プロデュース: David Foster(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather(g), Jack Conrad(k, bv), Jai Winding(k), Steve Porcaro(sy), Mike Porcaro/Bob Glaub/Kim Kesterson(b), Jeff Porcaro/Mike Baird/Rick Shlosser(ds), Jerry Hey(horn ar), Bill Myers(string ar), Bill Champlin/Tommy Funderburk/Tom Kelly(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/01/23 18:18 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
MSGのレイ
こんばんは。
いろいろ言われていたレイ。MSGのレイは酷かった。正直その印象しかなかったのですが、後にこのアルバムを聴いて、そのクオリティの良さにビックリした記憶が(笑)。
泣きのバラード「Just for the Moment」は確かパーラメントのCMに使われてましたね。
「You Oughta Know by Now」はパープルタウンの原曲というか、元々はレイとの共作クレジットもなかった記憶が。あとからクレームがついて、タイトルにも加えられ、レイとの共作になったかと。真相はよく分かりませんが。
2018/01/23 22:39 240 URL [ 編集 ]
Re: MSGのレイ
240さん、こんにちは

私は怖くて(?)見てないのですが、MSGのレイの評判は悪いですよねぇ(笑)。ブルー・アイド・ソウル系のシンガーなので、ハード・ロックのヴォーカルは無理なのでしょう。それを引き受けてしまうところにレイの男気(?)を感じます。「You Oughta Know by Now」については、きっと240さんが書かれたような真相なのでしょうね。歌謡曲っぽいところはあるけど、爽快な曲です。
2018/01/24 11:33 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/243-f4bc4fe8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1984年) - Sade / Diamond Life 2018/04/18
AOR名盤(1983年) - Russ Taff / Walls Of Glass 2018/04/16
AOR名盤(1978年) - Player / Player (ベイビー・カム・バック) 2018/04/13
AOR名盤(1977年) - Leo Sayer / Thunder In My Heart 2018/04/11
AOR名盤(1976年) - John Valenti / Anything You Want 2018/04/09
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp