音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Ray Kennedyの1980年作『Ray Kennedy / ロンリー・ガイ』。
Ray Kennedy / Ray Kennedy
Ray Kennedyはアメリカのシンガー・ソングライター。
60年代から様々なミュージシャンと接点があり、またソングライターとしても多くの曲を提供してきた。

ソングライターとしては、例えば、Beach Boysの1973年のアルバム『Holland』に収録された「Sail On, Sailor」をBrian Wilsonと共作。
同年のBeck Bogert & Appiceのアルバム『Beck Bogert & Appice』の収録曲「Why Should I Care」も、Ray Kennedyが書いている。

また、The Babysの1977年のアルバム『Broken Heart』からのヒット曲「Isn't It Time」や、1979年の『Head First』からのヒット曲「Every Time I Think of You」は、Jack ConradとRay Kennedyの共作。
共にBillboard Hot 100チャートの13位となるヒットを記録した。

バンド活動では、Barry Goldberg, Mike Bloomfield等と組んだKGB(バンド名は、3人の頭文字をとった)が有名で、1976年にアルバムを2枚残している。

さて、Ray Kennedyのソロ・アルバムは2枚あり、本作がセカンド・アルバム。

本作のプロデュースはDavid Fosterが担当した。
TOTOのSteve Lukather(g), Steve Porcaro(sy), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds)が参加した他、Bill Champlin/Tommy Funderburk/Tom Kelly(bv)という強力なバック・ボーカリストを揃えたことで、かなりハードで分厚いサウンドになっている。
特に、全曲のギターをSteve Lukatherが弾いており、熱いエネルギーを放出するそのプレイは本家TOTOのアルバム以上の勢いがある。

収録曲は全てRay Kennedyのオリジナル。
先に書いた「Isn't It Time?」や「Sail On Sailor」もリメイクされている。

このアルバムの素晴らしさは、哀しい歌が一曲もないことだ。
人生の瑣末なもの全てを吹き飛ばすような力強さ、潔さ、男らしさがある。
既に多くの経験を積んだRay Kennedyの人生がにじみ出ているようだ。

また、「Just for the Moment」、「My Everlasting Love」、「Let Me Sing You a Love Letter」という最高のバラードが生まれた。
いずれも雄大で包容力があり、男が歌うバラードといった趣きだ。
Ray Kennedyの誇らしい熱唱は、聴いているこちらも誇らしい気分にしてくれる。

「My Everlasting Love」については、Bill Champlinが翌年のアルバム『Runaway』において、「Tonight, Tonight」という名前でカヴァーした。

なお、「You Oughta Know by Now / ロンリー・ガイ」は、八神純子の1980年のヒット曲「パープル・タウン」の原曲として知られている。
聴き比べると面白い。

艶っぽいジャケットは、Moshe Brakhaが撮影。
Boz Scaggsの名盤『Silk Degrees』の大人びたジャケットを撮影したカメラマンである。

Ray Kennedyは2014年の2月に68歳で他界。
このアルバムがお気に入りという日本人がいることを伝えたい気分だ。

●収録曲
1. It Never Crossed My Mind / 閉ざされた心 - 3:32
2. Isn't It Time? - 3:57
3. Just for the Moment - 3:22
4. Can't Seem to Find the Time / 恋のラスト・ページ - 4:16
5. My Everlasting Love - 3:56
6. You Oughta Know by Now / ロンリー・ガイ - 4:31
7. Sail On Sailor - 3:24
8. Starlight - 4:32
9. Let Me Sing You a Love Letter / 涙で綴るラヴ・レター - 4:00


◆プロデュース: David Foster(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather(g), Jack Conrad(k, bv), Jai Winding(k), Steve Porcaro(sy), Mike Porcaro/Bob Glaub/Kim Kesterson(b), Jeff Porcaro/Mike Baird/Rick Shlosser(ds), Jerry Hey(horn ar), Bill Myers(string ar), Bill Champlin/Tommy Funderburk/Tom Kelly(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/05 19:25 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/243-f4bc4fe8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター