音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

George Bensonの1976年のアルバム『Breezin'』。
George Benson / Breezin' (1976年)
George Bensonは60年代から活躍しているアメリカのジャズ・ギタリスト。1964年から現在に至るまでに多数のアルバムを制作しており、本作はスタジオ・アルバムとしては15作目ぐらいにあたる。この年にWarner Bros. Recordsに移籍しており、その第1弾としてリリースしたのが本作である。

このアルバムは、プロデュースをTommy LiPuma、エンジニアをAl Schmittが担当した。二人は、Nick DeCaroの『Italian Graffiti』(74年)やMichael Franksの『The Art Of Tea』(75年)など、AORやフュージョンの名作を数多く手がけた黄金のコンビとして知られており、本作も二人の代表作の一つ。

タイトル曲の「Breezin'」はBobby Womackの作。ジャケットの畏まった印象と裏腹に、メロディとサウンドはライト&メロウそのもの。Harvey Masonの刻む硬質なビートの上をGeorge Bensonのギターが軽やかにそよぐ感じが心地よい。

続く「This Masquerade」は、Leon Russellの72年のアルバム『』の収録曲。この1曲はヴォーカル曲となっており、George Bensonのソウル・フィーリングたっぷりの歌声と洒落たスキャットを聴くことができる。ギターだけでなく、歌も抜群に巧い。この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの10位を記録した。

ファンキーな「Six To Four」はPhil Upchurchの作。Phil Upchurch自身も92年のアルバム『』でセルフ・カヴァーしている。

「Affirmaton / 私の主張」は盲目のギタリスト、Jose Feliciano(ホセ・フェリシアーノ)の作で、Felicianoの75年のアルバム『』の収録曲。哀愁味あるソウルフルなナンバーを都会的なアレンジでエレガントに仕上げており、とてもムードがある。

「So This Is Love / これが愛なの?」は、本作唯一のオリジナル曲。流麗なストリングスに包まれて、George BensonのギターとRonnie Fosterのエレピが絡む華やかなナンバーだ。

ラストの「Lady / 愛するレディ」は、そのRonnie Fosterの作。映画音楽を思わせる美しいストリングスに始まり、George Bensonのギターが軽やかに歌いだす。

本作の成功により、77年のグラミー賞ではGeorge Bensonが「Best Pop Instrumental Performance」を、Al Schmittが「Best Engineered Album, Non-Classical」を受賞。また、シングル「This Masquerade」のヒットにより、LiPumaとBensonは「Record of the Year」を受賞した。

このアルバムと同じ年にBoz Scaggsは『Silk Degrees』を、Ned Dohenyは『Hard Candy』をリリース。76年はライト&メロウ豊作の年であった。

●収録曲
1. Breezin' - 5:40
2. This Masquerade - 8:03
3. Six To Four - 5:06
4. Affirmation / 私の主張 - 7:01
5. So This Is Love / これが愛なの? - 7:03
6. Lady / 愛するレディ - 5:49


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: George Benson(g, vo), Phil Upchurch(g, b), Ronnie Foster/Jorge Dalto(k), Stanley Banks(b), Harvey Mason(ds), Ralph MacDonald(per), Claus Ogerman(orch ar), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2017/11/15 17:23 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/245-c6e70e35
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ