音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Seawindの1980年のアルバム『Seawind / 海鳥』。
Seawind / Seawind (海鳥) (1980年)
Seawindはハワイ生まれのフュージョン・グループ。Bob Wilson(ds)とPauline Wilson(vo)夫妻を中心に1974年に結成され、82年の解散までに4枚のアルバムを残した。Bob Wilsonはグループのほとんどの曲作りを手がけるリーダー的な存在。奥様のPauline Wilsonはキュートな美声でありながら、メンバーの強力な演奏に負けないパワフルな歌唱をする実力派である。また、Jerry Hey(tr)とLarry Williams/Kim Hutchcroft(sax)による "シーウィンド・ホーン・セクション" を擁し、そのモダンな音とテクニックも高く評価された。

このアルバムはSeawindの4作目となるラスト・アルバム。曇天の海を飛び交う海鳥をデザインした美しいフロント・カヴァーは、邦題の『海鳥』にぴったりだ。

インスト曲は「Pra Vose」の1曲のみで、残りはPauline Wilsonの爽やかでパンチのある歌声を味わえるヴォーカル曲。George Dukeがプロデュースを担当し、フュージョン、ポップス、ファンクの要素をミックスしたかっこいいサウンドに仕上げている。

Paulineはポップな「The Two of Us / ふたりは風」や「Love Him, Love Her」ではキュートに、「Still in Love」のようなバラードでは透明感のある美声で歌い、その歌声はハワイの海風(?)のように爽やか。なお、「ふたりは風」では、Carl Carlwellという男性シンガーとデュエットしている。

イントロがプログレ・フュージョンのような「Everything Needs Love / 世界に愛を」はライヴ録音されており、ホットな演奏が繰り広げられる。一方、インスト曲の「Pra Vose」はクール・ダウン用のナンバーで、アコースティック・ギターとフルートを中心とするサウンドが心地よい。

Wilson夫妻は翌年にBob & Pauline Wilson名義のアルバム『Somebody Loves You』をリリース。Seawindの他のメンバーも参加しているので、彼らの5作目のように聴くことができておすすめ。だが、その翌年(82年)に二人は離婚してしまう。

Bobはその後、Airplayのリード・シンガーのTommy FunderburkとThe FrontというCCMユニットを結成し、84年に唯一のアルバム『The Front』をリリース。こちらは、CCM/AORのアルバムとして人気が高い。

ところで、Pauline Wilsonは、セサミ・ストリートの音楽アルバム『』(80年)において、「A Friend for All Seasons」という曲をGeorge Bensonとデュエットしている。このアルバムはグラミー賞の「Grammy Award for Best Recording for Children」を受賞しており、これによりPaulineは、ハワイ出身のヴォーカリストで初のグラミー受賞者になったそうだ。

●収録曲
1. What Cha Doin' - 4:35
2. The Two of Us / ふたりは風 - 3:49
3. Love Him, Love Her - 3:26
4. Everything Needs Love / 世界に愛を - 5:46
5. Shout - 4:26
6. Still in Love - 3:53
7. Pra Vose - 4:16
8. I Need Your Love - 3:54
9. Long, Long Time - 3:58


◆プロデュース: George Duke(k, bv)

◆参加ミュージシャン: Pauline Wilson(vo), Bud Nuanez(g), Larry Williams(k, woodwinds), Ken Wild(b), Bob Wilson(ds), Kim Hutchcroft(woodwinds)
with Roland Bautista(g), Airto/Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp, flugelhorn), Carl Carwell/Josie James/Lynn Davis/Greg Walker(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/01/18 19:54 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/248-b88df4f4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Keane Brothers / Taking Off 2018/10/16
AOR名盤(1978年) - James Vincent / Waiting For The Rain 2018/10/14
AOR名盤(1982年) - Steve Archer / ...Solo 2018/10/11
AOR名盤(1979年) - Ben Sidran / The Cat And The Hat 2018/10/09
AOR名盤(1982年) - White Heart / White Heart 2018/10/07
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ