洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

The Beatles / 1967-1970 (1973年) - アルバム・レビュー

2012年01月15日
Rock / Pops名盤(70年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、The Beatlesの1973年のアルバム『1967-1970』の紹介です。
The Beatles / 1967-1970 (1973年)
The Beatlesの解散から3年後の1973年に発売された年代別2枚組ベスト・アルバム、通称『赤盤』と『青盤』のうち、『青盤』です。2010年にデジタル・リマスター盤が発売されました。The Beatlesの中期~後期のシングル曲、代表曲が28曲収められています。

アルバムで言うと、ディスク1は『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』と『Magical Mystery Tour』から。ディスク2は『White Album』『Abbey Road』『Let It Be』からの選曲です。どれも歴史的名盤です。私は中期~後期のBeatlesが好きなので、赤盤よりはこちらの方が好みです。

Beatlesは、いつ聴いても何か新しい発見があります。特にこのデジタル・リマスター盤は、細部の音までクリアに聴き取れるせいか(あるいは、そう思って注意深く聴くせいか)、間奏などで今まで気付かなかったPaulやJohnのちょっとした音声に気付いたりすることがあり、新鮮です。

●収録曲
<ディスク:1>
1. Strawberry Fields Forever / 2. Penny Lane / 3. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / 4. With a Little Help from My Friends / 5. Lucy in the Sky with Diamonds / 6. A Day in the Life / 7. All You Need Is Love/ 8. I Am the Walrus / 9. Hello, Goodbye / 10. The Fool on the Hill / 11. Magical Mystery Tour / 12. Lady Madonna / 13. Hey Jude / 14. Revolution

<ディスク:2>
1. Back in the U.S.S.R. / 2. While My Guitar Gently Weeps / 3. Ob-La-Di, Ob-La-Da / 4. Get Back / 5. Don't Let Me Down / 6. Ballad of John and Yoko / 7. Old Brown Shoe / 8. Here Comes the Sun / 9. Come Together / 10. Something / 11. Octopus's Garden / 12. Let It Be / 13. Across the Universe / 14. The Long and Winding Road


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません