音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Eaglesの1979年の名作『The Long Run』。
Eagles / The Long Run
本作はEaglesの6枚目のスタジオ・アルバム。
70年代のウェスト・コースト・ロックを牽引した偉大なグループであるEaglesの、70年代最後のアルバムだ。

1976年の前作『Hotel Carifornia』に引き続き、Bill Szymczyk(ビル・シムジク)がプロデュースを担当。
また、新メンバーのTimothy B. Schmit(vo, b)が本作より加入した。
Timothy B. Schmitは、前作を最後にバンドを脱退したRandy Meisner(vo, b)の後釜である。

セールス面では、本作も大成功を収める。
アルバムは前作に続いてBillboard 200チャートの1位を獲得。
シングルは、「Heartache Tonight」がBillboard Hot 100チャートの1位となった他、「The Long Run」と「I Can't Tell You Why / 言いだせなくて」が共に8位に到達。
更に1980年のグラミー賞では、「Heartache Tonight」が "Best Rock Performance by a Duo or Group with Vocal" を受賞し、前作に続くグラミー受賞となった。

シックなジャケットのせいか、このアルバムには暗く重いというイメージが付きまとう。
だが、そうではない。
大人びてリラックスしているのだ。

前作で肩の荷が下りたか、気合いを入れて歌うべきものが無くなったのだろう。
気負いのない、極上のAORチューンが揃っている。

シングル・ヒットした3曲の中では、やはり「I Can't Tell You Why / 言い出せなくて」が素晴らしい。
Timothy B. Schmitがリード・ヴォーカルをとった名バラードで、切ないメロディと心に沁みる歌声は、聴くたびに感動を覚える。

いかにもJoe Walshらしい爽快感のある「In The City」も良い。
この曲は、同年の映画『The Warriors』のサウンド・トラック用に書かれた曲だ。

ライト&メロウではなく、ヘヴィー&メロウな「King of Hollywood」の枯れた感じも、Eaglesにしか出せない秀逸な味わい。

そして、ラストの「The Sad Cafe」。
この曲の醸し出す見事なたそがれ感は、切なさを超えて、もはや美しくすらある。

夏の終わりに聴くべきは『The Hotel Carifornia』ではなく、このアルバムであろう。

●収録曲
1. The Long Run - 3:42
2. I Can't Tell You Why / 言いだせなくて - 4:56
3. In The City - 3:46
4. The Disco Strangler - 2:46
5. King Of Hollywood / ハリウッドよ永遠に - 6:27
6. Heartache Tonight - 4:27
7. Those Shoes - 4:57
8. Teenage Jail - 3:44
9. The Greeks Don't Want No Freaks / グリークスはフリークスお断り - 2:21
10. The Sad Cafe - 5:35


◆プロデュース: Bill Szymczyk

◆参加ミュージシャン: Don Henley(vo, ds), Glenn Frey(vo, g, k), Joe Walsh(vo, g), Timothy B. Schmit(vo, b), Don Felder(g, k)
with David Sanborn(sax), Jimmy Buffett(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/08/30 16:35 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/251-2c49c73a
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター