洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Dionne Warwick / Friends (1985年) - アルバム・レビュー

2017年08月16日
Soul / R&B(80年代) 2
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Dionne Warwickの1985年のアルバム『Friends』の紹介です。
Dionne Warwick / Friends (1985年)
Dionne Warwickは60年代始めから活動しているアメリカの女性シンガー。Whitney Houstonの従姉妹としても知られている。相当な数のスタジオ・アルバムを制作しており、1年に2作以上をリリースすることも少なくない。

本作は、姪のWhitney Houstonが『そよ風の贈りもの』で華々しいデビューを飾った年のアルバム。洋楽シーンでは、「Band Aid」(英, 84年12月)、「USA For Africa」(米, 85年3月)、「LIVE AID」(英米, 85年7月)など、アフリカの飢餓や難民救済のための地球規模のチャリティ活動が話題を呼んだ。

本作にも「That's What Friends Are For / 愛のハーモニー」という有名なチャリティ・ソングがある。Dionne, Stevie Wonder, Elton John, Gladys Knightの4人が "Dionne & Friends" 名義で共演し、その収益は米国エイズ研究財団に寄付された。この曲はBillboard Hot 100チャートの1位を記録し、翌年のグラミー賞の「Song of the Year」と「Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocals」を受賞する。

この曲は、Carole Bayer SagerとBurt Bacharach夫妻の作。原曲は82年の映画『』のサウンド・トラック用に書かれており、Rod Stewartが歌った。本作の他の4曲(6, 7, 9, 10)も夫妻の作。「Stronger Than Before / 愛は果てしなく」は、奥様のSagerも81年のアルバム『真夜中にくちづけ』で歌っている。

残りの曲の作者は、「Whisper In The Dark」(Bruce Roberts等)、「Remember Your Heart」(Dan Navarro等)、「Love at Second Sight」(David Foster等)、「Moments Aren't Moments」(Stevie Wonder)、「No One There」(Narada Michael Walden等)と、豪華な顔ぶれ。

「Love at Second Sight」は、Fosterの83年のソロ・デビュー作『』からの選曲で、そこではFosterがVikki Mossとデュエットしている。Fosterらしい美しいバラードで、サビのメロディがとてもロマンティックだ。キュートな「Moments Aren't Moments」は、84年の映画『』のサントラと同曲。Stevie Wonderがサントラをプロデュースし、そこでもDionneがこの曲を歌っている。

このアルバムのどの曲も、1曲目の「愛のハーモニー」のような穏やかな温かさがある。80年代のこの頃は、気取らず自然に善意や友情や愛を歌にする雰囲気があったように思う。

●収録曲
1. That's What Friends Are For / 愛のハーモニー - 4:14
2. Whisper In The Dark - 4:31
3. Remember Your Heart - 3:41
4. Love At Second Sight - 4:39
5. Moments Aren't Moments - 4:32
6. Stronger Than Before / 愛は果てしなく - 3:23
7. Stay Devoted / 優しさいつまでも - 3:32
8. No One There (To Sing Me A Love Song) - 4:26
9. How Long? - 4:07
10. Extravagant Gestures / 愛のとまどい - 4:52


◆プロデュース: Burt Bacharach, Carole Bayer Sager, Albhy Galuten, David Foster, Stevie Wonder, Barry Manilow

◆参加ミュージシャン: Dionne Warwick(vo), Elton John(vo, k), Gladys Knight(vo), Stevie Wonder(vo, harmonica), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

ローリングウエスト

Dionne Warwick大好きです!本当にいい歌を数々ヒットさせていました。大学時代のラジオでよく聴いていたものです。まだ記事を作っていなかった!いずれ特集したいです。
(PS)AORサウンドの先駆け的存在(完璧主義の名アーティスト)「ジノ・バネリ」の名曲を公開いたしました!

2017年08月17日 (木) 08:34

Warm Breeze

Re: タイトルなし

RWさん、こんにちは

Dionne Warwickはいい歌を穏やかに歌いますよね。1982年の『Friends In Love』と『Heartbreaker』も素晴らしいアルバムです。ジノ・バネリの「アイ・ジャスト・ワナ・ストップ」の記事、拝見しました。ジノ・バネリ、私も大好きなアーティストです。曲も歌唱も御姿も素敵過ぎて、神々しいオーラがありますね。

2017年08月17日 (木) 10:14