洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Paul McCartney / Pipes Of Peace (1983年) - アルバム・レビュー

2015年09月22日
Rock / Pops名盤(80年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Paul McCartneyの1983年のアルバム『Pipes Of Peace』の紹介です。
Paul McCartney / Pipes Of Peace (1983年)
タイトルに "Peace" が付く名作です。82年の前作『Tug Of War』では、Stevie Wonderと共作した「Ebony and Ivory」がBillboard Hot 100チャート(アメリカのシングル・チャート)などで1位を記録する大ヒットとなりました。

このアルバムでは、Michael Jacksonと共作した「Say Say Say」がBillboard Hot 100チャートの1位を獲得します。

Michael Jacksonとは、キャッチーなメロディの「The Man」も共作。なお、Michael Jacksonの前年の大ヒット作『Thriller』でも、ヒット曲の「The Girl Is Mine」(米2位)を二人で共作しています。

「So Bad」は美しく優しいメロディが感動的なバラード。Paulのファルセット・ヴォイスに聴き入ってしまいます。

「Hey Hey」はジャズ・ベーシストのStanley Clarkeと共作した珍しいインスト曲です。

タイトル曲「Pipes Of Peace」や「So Bad」、「The Man」などの瑞々しいメロディを聴くと、Paulが優れたメロディ・メイカーであることが分かります。

2015年10月には、Abbey Roadスタジオでの最新リマスター盤を収めた2CDの『Deluxe Edition』が発売されました。同時に、2CD+1DVDの『』も発売されており、Paulのコアなファンにお薦めです。

●収録曲
1. Pipes Of Peace
2. Say Say Say
3. The Other Me
4. Keep Under Cover
5. So Bad
6. The Man
7. Sweetest Little Show
8. Average Person
9. Hey Hey
10. Tug Of Peace
11. Through Our Love


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません