音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Paul Ankaの1983年のアルバム『Walk A Fine Line / マイ・ソングス~朝のとばりの中で』。
Paul Anka / Walk A Fine Line (1983年)
Paul Ankaはカナダ出身のシンガー・ソングライター。「Diana」(57年, 米2位)、「Lonely Boy」(59年, 米1位)、「Put Your Head On My Shoulder」(59年, 米2位)、「(You're) Having My Baby」(74年, 米1位)などのヒット曲の作者であり、Frank Sinatraの代表曲である「My Way」の英詩を担当したことでも知られる。

50年代後半から60年代前半にヒットを飛ばしたクラブ歌手的なイメージがあるが、その後も途切れることなくアルバム制作を続け、70年代中盤には再びチャートに復帰するようになる。同郷のDavid Fosterとも徐々に親交を深め、そのFosterが最も関与したアルバムが本作『Walk A Fine Line』だ。

ラストの「Golden Boy」を除く全曲がPaul Ankaの作で、共作者にはDavid FosterとMichael McDonaldの名前が多く登場する。アレンジもFoster担当の7曲(1-3, 6-9)とMcDonald担当の2曲(4, 5)に分かれており、この3人を中心に制作されたアルバムという印象が強い。

1曲目の「Second Chance」はこの3人による共作で、本作の成り立ちを象徴する1曲。爽かなAORナンバーで、ACチャートの14位をマークした。

「Hold Me 'Til The Mornin' Comes / 朝のとばりの中で」はFosterと共作した美しいバラード。バックで歌うPeter Ceteraに存在感があり、どちらがメイン・ヴォーカルか分からないほど。Billboard Hot 100チャートの40位、ACチャートでは2位を記録し、アルバムの邦題にはこの曲が採用された。

McDonaldと共作した「No Way Out」はとろけるようにメロウな曲。Ernie WattsのSaxが切なく響き、Paul Ankaの歌声も哀愁たっぷりだ。続くタイトル曲「Walk A Fine Line」もMcDonaldとの共作で、小気味良いリズムとふくよかなサウンドはMcDonaldの作法といった感じ。

繊細なタッチのバラード「This Is The First Time」はPeter McCannとの共作。Pagesのさり気ないバック・コーラスが感動的に美しい。

CDは長らく入手困難な状態が続いていたが、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。同じシリーズから今年の8月にも100タイトルのCDが発売されるが、Paul Ankaの78年のアルバム『Listen To Your Heart / 愛の旋律(しらべ)』が世界初CD化されるので楽しみだ。また、79年のアルバム『Headlines』のCDも再発される。

●収録曲
1. Second Chance - 3:54
2. Hold Me 'Til The Mornin' Comes / 朝のとばりの中で - 4:30
3. Darlin', Darlin' - 4:44
4. No Way Out - 4:26
5. Walk A Fine Line - 4:48
6. Take Me In Your Arms - 3:31
7. This Is The First Time - 4:22
8. Gimme The Word - 4:00
9. Golden Boy - 4:15


◆プロデュース: Denny Diante(ar)

◆参加ミュージシャン: Karla DeVito(vo), Jay Graydon(g, ar), Steve Lukather/Marty Walsh(g), David Foster/Bill Cuomo(k, ar), Michael McDonald(k, bv, ar), Michael Colombier(k), Nathan East/Lee Sklar(b), Jeff Porcaro/John Robinson/Mike Baird/Vinnie Colaiuta(ds), Paulinho Da Costa(per), Ernie Watts(sax), Peter Cetera/Kenny Loggins/Richard Page/Steve George/Steve Kipner(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/20 15:38 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
コメント
おはようございます。今日はようやく梅雨天気となりましたね。水不足にならないためにお湿りも必要ですね。ポールアンカは1980年代も頑張っていたのか・・、ビックリ!またたまにはコチラにも遊びに来られて下さい。
2017/06/21 06:28 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは

今日は久し振りにしっかりと雨が降ってますね。ポールアンカのこのアルバムは私も意外でした。レベルの高い洗練されたAORを聴くことが出来て、ポールアンカ=ダイアナという先入観を払拭できました。いいアルバム、まだまだ沢山ありますね。
2017/06/21 15:57 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/267-efca484f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター