音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Sneakerの1981年のアルバム『Sneaker / 想い出のスニーカー』。
Sneaker / Sneaker (想い出のスニーカー) (1981年)
SneakerはLAで結成された6人組のウェストコースト・ロック・バンド。Steely Danを敬愛しており、グループ名はSteely Danの1975年のアルバム『Katy Lied / うそつきケイティ』に収録の人気曲「Bad Sneakers」から取っている。

彼らのスタジオ・アルバムは2枚あり、本作はファースト・アルバム。2作目は翌82年にリリースされた『』で、どちらのアルバムも、Steely DanのメンバーだったJeff Baxterがプロデュースを担当している。

1曲目の「Don't Let Me In」は、Donald FagenとWalter BeckerがSteely Danの結成前に書いた曲のカヴァーで、曲の終わりにはJeff Baxterがパキパキした音色のギターを弾いている。この曲はセカンド・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの63位をマークした。ちなみに、ラストの「No More Lonely Days」のエンディングのソロもJeff Baxterだ。

2曲目以降は彼らのオリジナルで、その中から「More Than Just The Two Of Us」という名バラードが生まれた。穏やかで綺麗なメロディを澄み切ったハーモニーで聴かせる美しい曲で、ストリングスの優さも格別。Billboard Hot 100チャートでは34位をマークしている。この曲はBarry Manilowに提供するつもりで書かれたらしいが、この爽やかさはSneakerでなければ出せないだろう。

他には、Alan Parsons風の「In Time」やSupertramp風の「Millionaire」もあったりして、育ちのよさを感じるポップな曲ばかり。「Jaymes」には外部のミュージシャンも参加しており、David FosterがClavinetを弾いている。

Steely Danというと、シニカルな歌詞やクールで洗練されたサウンドという印象があるが、デビューから『うそつきケイティ』あたりまでは穏やかなアメリカン・ポップスを持ち味としていた。その頃のSteely Danの良さを受け継いでいるグループだ。

今のところ本作のCDの入手は難しくなっているが、セカンド・アルバムの『』については2015年に再発されたCDを入手できる。

●収録曲
1. Don't Let Me In - 4:13
2. More Than Just The Two Of Us - 4:21
3. One By One - 2:50
4. Jaymes - 3:44
5. In Time - 4:38
6. Get Up, Get Out - 3:32
7. Looking For Someone Like You - 4:01
8. Millionaire - 4:22
9. No More Lonely Days - 5:11
10. More Than Just The Two Of Us (demo version)
11. Don't Let Me In (demo version)
12. Easy With Your Love
13. Lazy Lady


◆プロデュース: Jeffrey Baxter(g)

◆参加ミュージシャン: Michael Carey Schneider(vo, k), Mitch Crane(vo, g), Tim Torrance(g), Michael Cottage(b, bv), Jim King(k, vibe), Mike Hughes(ds, bv)
with David Foster(k), Ed Green(ds), Bobby LaKind(per), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/02/07 12:15 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/269-cb02d205
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ