音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Robben Fordの1983年のアルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』。
Robben Ford / Love's A Heartache (ホイールズ・オブ・ラブ) (1983年)
Robben Fordはブルース、ロック、ジャズ/フュージョンと、様々なシーンで活動するアメリカのギタリスト。セッション・ギタリストとして他のアーティストのアルバムに参加したり、Yellowjacketsや自身のリーダー・バンドであるRobben Ford & The Blue Lineで活動する以外に、ソロ・アルバムも数多くを出している。

本作は、Robben Fordが80年代に入って最初に制作したソロ・アルバム。ソロとしては2作目にあたる。

プロデュースを担当したのは、米国在住の尺八奏者であるKazu Matsui(松居 和)。ジャズ・ピアニストの松居 慶子さんのご主人、と言った方が分かるかも知れない。このアルバムは日本盤とUS盤で名義とタイトルが異なり、US盤の名義は「The Kazu Matsui Project Feat. Robben Ford」、タイトルは『Standing On The Outside』となっている。

ギタリストのアルバムとしては珍しく、インストゥルメンタル曲の「Sun Lake」とリード・シンガーのいない「Sunset Memory」を除いて全曲がヴォーカル曲だ。また、曲によってリード・シンガーを変えており、Robben Fordが2曲(2, 8)、Phillip Ingramが3曲(1, 4, 6)、Haward Smith、Robert Jason、Claudiaが各々1曲ずつ(3, 5, 7)を歌っている。

どのヴォーカル曲にも哀愁漂う極上のメロディと柔らかいサウンドの質感があり、AORのアルバムとして素晴らしいクオリティ。ラストのインスト曲「Sun Lake」の美しいギターの音色を聴くまでは、ギタリストのアルバムであることを忘れてしまう。

このあたりのAOR路線は、Erik Taggをシンガーに起用して成功を収めたLee Litenourの81年のヴォーカル・アルバム『RIT』の流れを汲んでいる。

タイトル曲の「Love's A Heartache」は、Ned Doheny作のビターな名品。Leslie Smithが82年のアルバム『Heartache』で歌ったほか、Ned Doheny自身も88年のアルバム『Life After Romance』でカヴァーした。

この曲ではRobben Fordが自らヴォーカルを担当し、伸びのあるハイ・トーンを駆使した爽やかな歌声を披露している。Ned Dohenyのセルフ・カヴァー・バージョンと歌声がそっくりなので、聴き比べると面白い。

なお、当時のRobben Fordは仏教を勉強していたらしい。フロント・カヴァーの輪廻を思わせるデザインは、その影響なのかも知れない。

●収録曲
1. Standing On The Outside - 4:55
2. Time Flies - 4:17
3. Save Your Time For Me - 3:35
4. Me On The One Side - 2:43
5. Wheels Of Love - 4:23
6. Tell That Girl - 3:26
7. Illusions - 3:13
8. Sunset Memory - 4:33
9. Love's A Heartache - 4:58
10. Sun Lake - 4:55


◆プロデュース: Kazu Matsui

◆参加ミュージシャン: Robben Ford(g, vo), Phillip Ingram/Haward Smith/Robert Jason/Claudia(vo), Carlos Rios(g), Russell Ferrante/Randy Waldman(k), Derek Nakamoto/Bill Meyers(sy), Abraham Laboriel/Nathan East/Neil Stubenhaus/Freddie Washington Jr.(b), Vinnie Colaiuta(ds), David Boruff(sax), Michael Fisher(per), Maxi Anderson(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/28 11:50 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/271-0c8e6b4c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター