音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

FCC (Funky Communication Committee)の1980年のアルバム『Do You Believe In Magic?』。
FCC (Funky Communication Committee) / Do You Believe In Magic? (1980年)
FCCは、アラバマ州マッスル・ショールズを拠点に活動したR&B/ブルー・アイド・ソウル系のグループ。Funky Communication Committeeというグループ名が素敵だ。デビュー作は1979年の『Baby I Want You』で、この時のメンバーは5人。本作はそれに続くアルバムで、メンバーは1人増えて6人になっている。

プロデュースを手がけたClayton IveyとTerry Woodfordは、マッスル・ショールズでは名の知れたプロデュース・チーム。Robert Byrneの79年のアルバム『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』や、R.Byrneが相棒のBrandon Barnesと制作したByrne & Barnes名義の81年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』、Mac McAnallyの83年のアルバム『Nothin' But The Truth / ミニマム・ラヴ』などのマッスル・ショールズ産のAORの名作は、彼らの手によってプロデュースされている。

豊かで大らかなメロディとメロウなグルーヴ、ソウルフルな歌声、そして演奏がこなれていることが、これらのアルバムに共通する良さ。本作もそうしたマッスル・ショールズ産の良さを持っている。

収録曲はオリジナルが8曲、他作が2曲(4, 6)という構成。他作の曲のうち、爽やかな「Where Did You Come From」はWilliam D. Smithの作で、Larry Carltonも78年の名作『』で取り上げた。もう1曲の「How Do You Like Your Love」はRobert Byrne作のファンキーなナンバーだ。

オリジナル曲の中ではBrandon Barnesと共作した「Don't Hold Back」が良い。Michael McDonaldあたりが歌いそうな洗練されたブルー・アイド・ソウルである。

他にもイントロがThe Doobie Brothersの「Takin' It To The Streets」風の「Give Me A Reason」や、Steely Danの「Home At Last」風の「Falling Out Of Love」、もろにBoz Scaggsの「Lowdown」している「Let The Love On Through」など、AOR的な目線でとても楽しめる。

金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』の増補改訂版に紹介されている作品だが、これまでCD化されていなった。この8月に、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから念願の世界初CD化。待った甲斐がありました。

●収録曲
1. Give Me A Reason - 4:34
2. Do You Believe In Magic - 4:03
3. Falling Out Of Love - 3:22
4. Where Did You Come From - 3:07
5. Jump Into The Fire - 3:50
6. How Do You Like Your Love - 4:01
7. Changes - 3:53
8. Don't Hold Back - 3:48
9. More Than A Lover - 4:11
10. Let The Love On Through - 3:04


◆プロデュース: Clayton Ivey(k), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Dennis Clifton/Steve Gooch(vo, g), J.B. Christman(vo, k), Lonnie Ledford(b), Jim Evans(ds, per), Wayne Chaney(vo, per)
with Guy Higginbotham(sax, fl)


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2017/08/30 11:59 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/276-7854bde3
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ