洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

FCC / Do You Believe In Magic? (1980年) - アルバム・レビュー

2017年08月30日
AOR名盤(1980年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、FCC (Funky Communication Committee)の1980年のアルバム『Do You Believe In Magic?』の紹介です。
FCC (Funky Communication Committee) / Do You Believe In Magic? (1980年)
FCCは、アラバマ州マッスル・ショールズを拠点に活動したR&B/ブルー・アイド・ソウル系のグループ。Funky Communication Committeeというグループ名が素敵だ。デビュー作は1979年の『Baby I Want You』で、この時のメンバーは5人。本作はそれに続くアルバムで、メンバーは1人増えて6人になっている。

プロデュースを手がけたClayton IveyとTerry Woodfordは、マッスル・ショールズでは名の知れたプロデュース・チーム。Robert Byrneの79年のアルバム『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』や、R.Byrneが相棒のBrandon Barnesと制作したByrne & Barnes名義の81年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』、Mac McAnallyの83年のアルバム『Nothin' But The Truth / ミニマム・ラヴ』などのマッスル・ショールズ産のAORの名作は、彼らの手によってプロデュースされている。

豊かで大らかなメロディとメロウなグルーヴ、ソウルフルな歌声、そして演奏がこなれていることが、これらのアルバムに共通する良さ。本作もそうしたマッスル・ショールズ産の良さを持っている。

収録曲はオリジナルが8曲、他作が2曲(4, 6)という構成。他作の曲のうち、爽やかな「Where Did You Come From」はWilliam D. Smithの作で、Larry Carltonも78年の名作『』で取り上げた。もう1曲の「How Do You Like Your Love」はRobert Byrne作のファンキーなナンバーだ。

オリジナル曲の中ではBrandon Barnesと共作した「Don't Hold Back」が良い。Michael McDonaldあたりが歌いそうな洗練されたブルー・アイド・ソウルである。

他にもイントロがThe Doobie Brothersの「Takin' It To The Streets」風の「Give Me A Reason」や、Steely Danの「Home At Last」風の「Falling Out Of Love」、もろにBoz Scaggsの「Lowdown」している「Let The Love On Through」など、AOR的な目線でとても楽しめる。

金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』の増補改訂版に紹介されている作品だが、これまでCD化されていなった。この8月に、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから念願の世界初CD化。待った甲斐がありました。

●収録曲
1. Give Me A Reason - 4:34
2. Do You Believe In Magic - 4:03
3. Falling Out Of Love - 3:22
4. Where Did You Come From - 3:07
5. Jump Into The Fire - 3:50
6. How Do You Like Your Love - 4:01
7. Changes - 3:53
8. Don't Hold Back - 3:48
9. More Than A Lover - 4:11
10. Let The Love On Through - 3:04


◆プロデュース: Clayton Ivey(k), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Dennis Clifton/Steve Gooch(vo, g), J.B. Christman(vo, k), Lonnie Ledford(b), Jim Evans(ds, per), Wayne Chaney(vo, per)
with Guy Higginbotham(sax, fl)


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません