音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Nicolette Larsonの1978年作『Nicolette / 愛しのニコレット』。

このアルバムは、アメリカの女性ポップス・シンガー、Nicolette Larsonのデビュー作。
この時、彼女はまだ26歳という若さである。

哀愁を帯びたメロディが秀逸な「Lotta Love」は、Neil Youngの作品。
Neil Youngの同年のアルバム『Comes a Time』に収録されている名曲だ。
この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの8位となるヒットを記録した。

甘いメロディの「You Send Me」はSam Cooke作。
Nicolette Larsonの歌声がとても愛らしく響く。

「Can't Get Away From You / あなたのとりこ」はLauren Wood作で、Lauren Woodが在籍したユニットChunky, Novi & Ernieの1977年作『Chunky, Novi & Ernie』の収録曲。
クレジットには名前が無いが、Eddie Van Halenがテクニカルなギター・ソロを豪快に弾いている。
プロデューサーのTed Templemanが弾かせたのだろう。

ミドル・テンポの「Give A Little」は、Little FeatのBill Payne作のメロウ・ナンバー。
ほろ苦いメロディが心地よく、ヒットこそしなかったが、このアルバムのサード・シングルとなっている。
また、Bill Payneが参加しているせいか、「Rhumba Girl」や「Baby, Don't You Do It」は完全にLittle Featサウンドだ。

「French Waltz」もメロディがとても美しい曲。
Art Garfunkelが1981年の名作『Scissors Cut』で、この曲を取り上げている。

ラストの「Last In Love」は、J.D. SoutherとGlenn Freyの共作。
J.D. Souther自身も、1979年のアルバム『You're Only Lonely』でこの曲を歌っている。
美しいストリングスと切ないメロディが後を引く、名バラードだ。

ジャケットでポーズをとる彼女はとても愛らしいが、デビュー・アルバムの1曲目でNeil Youngの曲を歌う逞しい女性。
ワーナーの『新・名盤探険隊』シリーズから、デジタル・リマスターされたCDが2015年6月に再発されており、お薦めである。

●収録曲
1. Lotta Love / 溢れる愛 - 3:11
2. Rhumba Girl - 3:52
3. You Send Me - 3:56
4. Can't Get Away From You / あなたのとりこ - 3:17
5. Mexican Divorce / 恋するメキシカン - 3:57
6. Baby, Don't You Do It - 3:42
7. Give A Little - 3:00
8. Angels Rejoiced / 歓喜の天使 - 2:27
9. French Waltz - 4:22
10. Come Early Mornin' - 2:42
11. Last In Love - 3:43


◆プロデュース: Ted Templeman

◆参加ミュージシャン: Nicolette Larson(vo, ag, per), Paul Barrere/Albert Lee(g), Fred Tackett(ag), Billy Payne(k), Bob Gloub/Klaus Voorman(b), Rick Shlosser(ds), Bobby La Kind(per), Victor Feldman(vib), James Burton(dobro), Valerie Carter/Chunky/Michael McDonald/Linda Ronstadt(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/08/25 10:51 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/278-14e61ba1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター