音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Vapour Trailsの1979年のアルバム『Vapour Trails』。
Vapour Trails / Vapour Trails (1979年)
Vapour Trailsはイギリスでセッション・ミュージシャンとして活動するJohn McBurnie(vo, g), Andy Dalby(g), Phil Curtis(b)の3人が結成したグループ。本作は彼らの唯一のアルバムである。

イギリスのグループでありながらプロデュースをLarry Carltonが担当し、LAの豪華ミュージシャンが参加した異色作。Larry Carltonが歌モノをプロデュースするのはこれが初めてらしい。

全曲が彼らのオリジナルで、ヴォーカルのJohn McBurnieがメンバーとの共作も含めて12曲中の11曲を担当。カラッと乾いた開放的なサウンドだが、英国ポップスらしい折り目正しさや気品が感じられる。イギリス人によるウェスト・コースト・サウンドという風合いの、魅力的なバランスのアルバムだ。

このアルバムには、80年代を代表する洋楽番組である『ベストヒットUSA』(パーソナリティ:小林克也氏)のテーマ・ソングになった「Don't Worry Baby / サーフサイド・フリーウェイ」が収録されている。海沿いのドライヴが目に浮かぶような爽快な曲で、「サーフサイド・フリーウェイ」という邦題はぴったりだ。

「ベストヒットUSA」は1981年4月に放送が開始された。MTVの放送開始がその年の8月なので、時代を4ヶ月先取りしている。放送終了が89年9月ということで、まさに80年代と共に歩んだ洋楽番組だ。そのテーマ・ソングに、どちらかと言えばマイナーな本作からベスト・マッチな曲が選ばれたことが素晴らしい。

番組は2003年4月に復活して今も続き、「Don't Worry Baby」は不動のテーマ・ソング。毎週欠かさずに観るが、冒頭でこの曲が流れるたびに、これ以外の曲はないと確かに思えるのである。

●収録曲
1. Do The Bossa Nova - 3:04
2. Don't Worry Baby / サーフサイド・フリーウェイ - 3:45
3. Night People - 3:30
4. True Love - 3:44
5. It's All Right - 3:11
6. Slow Dancing - 3:19
7. Modern Love - 2:51
8. Non Merci - 3:10
9. Hold On To Something Good - 3:06
10. Strange Conversations - 3:31
11. Throw Down The Dice - 3:35
12. Falling - 2:46


◆プロデュース: Larry Carlton, Vapour Trails

◆参加ミュージシャン: John McBurnie(vo, g), Andy Dalby(g), Phil Curtis(b)
with Michael Omartian/David Benoit/Brian Chatton(k), John Ferraro/Steve Holly(ds), Tom Scott/Mel Collins(sax), Bill Champlin(bv), etc

ところで、この番組のオープニングでは、「サーフ・サイド・フリーウェイ」に合わせて洋楽のアルバム・ジャケットが次から次へと流れていく映像が使われている。80年代の番組の冒頭はこんな感じ。

それぞれのジャケットは一瞬しか見えないので判別が難しいが、一つ一つ知りたいと長らく思っていた。80年代と今ではこの映像で使わるジャケットも異なっているが、80年代の映像に関しては、『音楽生活 2001 Vol.5』(バーン・コーポレーション発行)の特集記事『ベストヒットUSA オープニング・ジャケット・コレクション』に詳細な情報があることが判明。嬉しくなり、全115タイトルをこちらのサイトに一覧したので、ベストヒットUSA好き、洋楽アルバムのジャケット好きは是非ご覧ください。

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/28 18:36 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/279-5436add2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター