洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Sade / Diamond Life (1984年) - アルバム・レビュー

2018年04月18日
Soul / R&B(80年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Sadeの1984年のアルバム『Diamond Life』の紹介です。
Sade / Diamond Life (1985年)
Sade(シャーデー)は、女性シンガーのSade Aduを中心にロンドンで結成された4人組。Sade Aduはナイジェリア生まれで、ナイジェリア人の父とイギリス人の母をもつハーフである。彼らの音楽はソウル、R&B、スムース・ジャズなどの要素を上品にブレンドした独特のポップスで、そのサウンドはエレガントにして知的。Aduの魅惑のアルト・ヴォイスと美しい容姿も話題となり、センセーショナルなデビューを果たした。

『Diamond Life』というゴージャスなタイトルの付いたこのアルバムはSadeのデビュー作。オリジナル8曲(1-8)とカヴァー1曲(9)という構成で、カヴァー曲の「Why Can't We Live Together」は、アメリカのR&Bシンガー、Timmy Thomasの72年のヒット曲(米3位)である。このアルバムからは、「Smooth Operator」(米5位、英19位)、「Your Love Is King」(英6位)がヒットし、アルバムも米5位、英2位をマークした。

「Your Love Is King」の映像は、93年にSan Diegoで行われたライヴだ。私はリアルタイムにSadeのヒット曲を聴いていたし、PVもMTVなどで観ていたが、全てのアルバムを聴き直すほどに好きになったのは、NHKの『黄金の洋楽ライヴ』でSan Diegoのライヴ映像を観てから。成熟したステージ・パフォーマンスに感動し、Aduの歌の力とその神々しい美しさに見入ってしまった。

には、このアルバムから「Your Love Is King」「Smooth Operator」「Cherry Pie」が収録されている。「Your Love Is King」は、タイトルも詞も素敵。"crown" や "ring" というキラキラしたフレーズを散りばめながら、かなり情熱的な歌詞をクールに上品に歌う。ライヴでは女性からの歓声が多い。

ダイヤモンドのような気品と輝きのある女性ならば、ダイヤは必要ない。Diamond Lifeというタイトルには、そんなニュアンスの自信も感じられる。

●収録曲
1. Smooth Operator - 4:58
2. Your Love Is King - 3:40
3. Hang On To Your Love - 5:54
4. Frankie's First Affair - 4:38
5. When Am I Going To Make A Living - 3:25
6. Cherry Pie - 6:20
7. Sally - 5:20
8. I Will Be Your Friend - 4:43
9. Why Can't We Live Together - 5:27


◆プロデュース: Robin Millar

◆参加ミュージシャン: Sade Adu(vo), Andrew Hale(k), Stuart Matthewman(g, sax), Paul Denman(b)
with Paul Anthony Cook(ds), Martin Ditcham(per), Dave Early(ds, per), Terry Bailey/Gordon Matthewman(tp)

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません