音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

TOTOの1979年のアルバム『Hydra』。
TOTO / Hydra
TOTOは、腕のあるセッション・ミュージシャンたちが作ったロック・バンド。メンバーのDavid Paich(k), Jeff Porcaro(ds), David Hungate(b), Steve Lukather(g), Steve Porcaro(k), Bobby Kimball(vo)のそれぞれがスター・セッション・プレイヤーであり、Steely DanやThe Doobie Brothers、Boz Scaggs等、幅広いアーティスト達のツアーとレコーディングを支えた。

彼らがバンドを組んだのは、Boz Scaggsの76年のアルバム『Silk Degrees』のレコーディングにPaich, Jeff, Hungateの3人が集まったのがきっかけとされている。そこに、Lukather, Steve, Kimballが加わり、TOTOがスタートした。

本作『Hydra』は彼らのセカンド・アルバム。78年のデビュー作『TOTO / 宇宙の騎士』は、ロック、ソウル、フュージョンの要素をセンス良く融合したAORの名盤で、「Hold The Line」というTop10ヒット(Billboard Hot 100チャートの5位)も生まれ、セールス面で大きな成功を収めた。ただ、ロック・バンドのアルバムとして見たときに、"バンド感" が薄い印象を受ける。

それと比べると、この『Hydra』はロック・バンドのアルバムになっている。バンドらしいアルバムを作りたいという彼らの思いが表れているようだ。

収録曲の半分、「Hydra」「St. George and the Dragon」「All Us Boys」「White Sister」の4曲は、重厚でハードな演奏を繰り広げるロック・ナンバー。ロック色が強いところがこのアルバムの特徴だ。

特にタイトル曲「Hydra」は格調高い曲で、美しい構成とドラマティックな演奏はプログレッシヴ・ロック的ですらある。Jeff Porcaroのドラムスにも凄みがあり、TOTOの中でも最もヘヴィーな演奏を聴くことができる。

続く「St. George and the Dragon」のサウンドも重量級。イントロは躍動感のあるピアノと引き締まったJeffのドラムスで始まり、そこからキレのある怒涛の演奏になだれ込む。嬉々として演奏にのめり込む姿が浮かぶような入魂の音を聴くと、彼らはこういう音楽をやりたくてバンドを組んだのだな、と思う。

バラード系も素晴らしい。「99」は、Lukatherのロマンティックな歌声を聴ける名バラード。本作からのファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの26位をマークした。ラストの「A Secret Love」もメロディが綺麗な曲。Kimballの歌声は、Lukather以上にロマンティックだ。

その「A Secret Love」はSteve Porcaro主体で書かれているが、それ以外はPaichの作/共作。リード・ヴォーカルに関しては、Paichが3曲(1, 4, 5)、Kimballが4曲(2, 6, 7, 8)、Lukatherが1曲(3)を担当している。

驚くことにヴォーカル以外は一発録りらしく、そこにプロの演奏家としてのプライドを感じる。彼らが裏方ではなく、自信と誇りをもって表舞台に立ったことが分かる名盤だ。

●収録曲
1. Hydra - 7:31
2. St. George and the Dragon - 4:45
3. 99 - 5:16
4. Lorraine - 4:46
5. All Us Boys - 5:03
6. Mama - 5:14
7. White Sister - 5:39
8. A Secret Love - 3:07


◆プロデュース: Tom Knox, Reggie Fisher, TOTO

◆参加ミュージシャン: Bobby Kimball(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich(k, vo), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds, per), Steve Porcaro(k)
with Michael Boddicker(k), Roger Linn(sy), Lenny Castro(per), Marty Paich(string ar)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/25 16:50 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/284-92c061aa
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター