音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Randy Goodrumの1982年のアルバム『Fool's Paradise』。
Randy Goodrum / Fool's Paradise (1982年)
Randy Goodrumは、Anne MurrayやSteve Perryを始めとする様々なミュージシャンに曲を提供しているソングライター。有名なところでは、Anne Murrayの「You Needed Me」(78年, 米1位, グラミー受賞)やSteve Perryの「Oh Sherrie」(84年, 米3位)、TOTOの「I'll Be Over You」(86年, 米11位)などのヒット曲がある。日本ではオフコースの英詞を担当したこともあるようだ。

このアルバムはRandy Goodrumのソロ・デビュー作。Steely Danのエンジニアを担当したElliot Scheinerが共同プロデュースしたせいか、サウンドの質感やホーンの使い方がSteely Danの『Aja』(77年)や『Gaucho』(80年)、Donald Fagenの『The Nightfly』(82年)のように上品でクールだ。

収録曲は全てRandy Goodrumのオリジナルで、リラックスした品のいい曲が揃っている。Randy Goodrumはソフトで知的なヴォーカル・スタイルであり、粋な歌い方はMichael FranksやBen Sidranを思わせる。

Jeff Porcaroが全曲でドラムスを担当しているのも嬉しい。「One More Fool」や「One Step Ahead Of The Bad News」の軽やかなシャッフルは、Jeff Porcaroならでは。

バラード系も素晴らしく、「Second Chance At Love」ではMary MacGregorという澄み切った美声の女性シンガーとデュエットしており、とてもロマンティック。

ロマンティックという点では「Time To Say I'm Sorry」もうっとりするような一曲。モノトーンのジャケットは、Donald Fagenの『The Nightfly』のようにかっこいいし、ピアノに一人向き合うバック・カヴァーも素敵。「Fool's Paradise」や「One More Fool」の "fool" というワードにも独特のロマンティックなニュアンスがあって、トータルに雰囲気のいいアルバムだ。
Randy Goodrum / Fool's Paradise (バック・カヴァー)

●収録曲
1. We're So Close - 3:39
2. One More Fool - 3:50
3. Savin' It Up - 3:34
4. Win Back Your Heart - 2:46
5. Dues - 4:31
6. One Step Ahead Of The Bad News - 3:46
7. Second Chance At Love - 3:53
8. Fool's Paradise - 3:57
9. Time To Say I'm Sorry - 4:10
10. Hellbent For Mexico - 3:15


◆プロデュース: Elliot Scheiner(per), Randy Goodrum(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Mary MacGregor(vo), Steve Khan/Jeff Southworth(g), Neil Jason(b), Jeff Porcaro(ds), Timmy Cappello(sax), Kacey Cisyk/Frank Floyd/Zach Sanders/Beckie Foster(bv), Rob Mounsey(ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/28 17:22 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
大好きなアルバムです
おはようございます。
このアルバム、昔から大好きなんです。特に①「We're So Close」、③「Savin' It Up」、⑦「Second Chance At Love」、⑧「Fool's Paradise」あたりが。
でもランディ自身は本作を、エリオットのアルバムと言っていたらしく、確かにセカンド以降の彼の作品は、本作が好きな方にとっては??って感じの作品ですよね。
本作のちょっと洒落た感じが堪りませんね。
2018/03/03 07:18 240 URL [ 編集 ]
Re: 大好きなアルバムです
240さん、おはようございます。

このアルバム、粋でクールですよね。エリオットのアルバムと言っていたということは、自分の持ち味じゃないということでしょうか。セカンド以降では『Caretaker Of Dreams』を聴いたことがありますが、確かにクオリティが落ちてしまいますね。
2018/03/03 10:49 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/294-736d2552
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1984年) - Sade / Diamond Life 2018/04/18
AOR名盤(1983年) - Russ Taff / Walls Of Glass 2018/04/16
AOR名盤(1978年) - Player / Player (ベイビー・カム・バック) 2018/04/13
AOR名盤(1977年) - Leo Sayer / Thunder In My Heart 2018/04/11
AOR名盤(1976年) - John Valenti / Anything You Want 2018/04/09
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp