音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Leon Wareの1982年作『Leon Ware / 夜の恋人たち』。
Leon Ware / Leon Ware (夜の恋人たち)
Leon Wareは、アメリカのR&B/ソウル・シーンの名ソングライターとして60年代から活動している。
Michael Jackson、Quincy Jones、Minnie Riperton、Marvin Gayeなどに曲を提供しているが、最も有名なのは、Marvin Gayeの1976年の官能的な名作『I Want You』。
このアルバムの収録曲は元々、Leon Wareが自身のセカンド・アルバムに用意していた素材である。
Marvin Gayeがそれらをいたく気に入り、Marvin Gayeのアルバムとして制作されたと言われている。

さて、本作『夜の恋人たち』は、Leon Wareの5枚目のソロ・アルバム。

Leon Wareの共同プロデューサーとして、David Paichの父であるMarty Paichが参画し、David FosterやTOTOのメンバー等、白人AOR系ミュージシャンが多数参加した。
その結果、本作は、Leon Wareらしいロマンティックで官能的な要素に加え、エレガントなAORの要素を併せ持つ名作となった。

「Shelter」、「Deeper Than Love」、「Where Are They Now / 昨日と今日の間に」の甘美でアダルトなムードは、Leon Wareの持ち味。
一方、「Slippin' Away」、「Lost In Love With You」、「Can I Touch You There / 夜のささやき」、「Miracles」のシャープでスタイリッシュなグルーヴは、AORならではの味わいである。

The Manhattan TransferのJanice Siegelとデュエットした「Why I Came To California / カリフォルニアの恋人たち」や、Airto MoreiraとFlora Purimがバック・ヴォーカリストを務めた「Somewhere」も聴きどころ。

非の打ちどころのないアルバムだ。
また、Jeff Porcaroのファンならば、「Lost In Love With You」のグルーヴに痺れるだろう。
Jeff Porcaroの名演は数多くあると言えども、これほど胸のすくグルーヴは中々ない。

●収録曲
1. Slippin' Away - 4:11
2. Lost In Love With You - 3:52
3. Shelter - 3:56
4. Why I Came To California / カリフォルニアの恋人たち - 4:10
5. Deeper Than Love - 3:23
6. Can I Touch You There / 夜のささやき - 4:05
7. Words Of Love - 4:35
8. Miracles - 4:06
9. Somewhere - 4:15
10. Where Are They Now / 昨日と今日の間に - 4:21


◆プロデュース: Leon Ware, Marty Paich(k)

◆参加ミュージシャン: Janice Siegel(vo), Steve Lukather/Dean Parks/David T. Walker(g), David Paich/David Foster/Geoff Leib/Sonny Burke(k), Bill Champlin(k, bv), Chuck Rainey/Nathan East/Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/James Gadson(ds), Airto Moreira/Laudier De Oliveira/Lenny Castro(per), Gato Barbieri(sax), Rita Coolidge/Bonnie Bramlett/Flora Purim(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/11 15:23 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/301-ae978db3
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター