音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Roby Dukeの1984年のアルバム『Come Let Us Reason』。
Roby Duke / Come Let Us Reason (1984年)
Roby DukeはアメリカのCCM(Contemporary Christian Music)シーンのシンガー・ソングライター。2007年に他界するまでに7枚のアルバムを残しており、寡作ではあるが、とてもクオリティの高いアルバムを作るミュージシャンである。

この『Come Let Us Reason』はセカンド・アルバム。82年のデビュー作『Not The Same』も見事な作品だが、本作のクオリティはそれを凌ぐかも。収録された10曲は、Bill Northの提供した「All Lost」と「Watching For You」の2曲を除いて、Roby Dukeの自作。アップ・テンポの曲にしてもバラードにしても、メロディの美しさとサウンドの洗練度が際立っている。

特に、風に向かって立つような凛々しさのある「Come Let Us Reason」に始まり、ロマンティックな「All Lost」「I'm Persuaded」と続くオープニングの3曲は、数あるAORの名作の中でも格別の心地よさ。

演奏面ではDann Huff(g), Larry Williams(k, sax), John Patitucci(b), Bob Wilson(ds), Pagesの二人(bv)などの実力派が腕をふるい、清潔感に溢れ、引き締まったサウンドを生み出している。Pagesの二人にとっても、新グループのMr. Misterを立ち上げた年。随所で聴こえてくる二人のコーラスの何と美しいことか…。

Roby Dukeの歌声には温かい包容力があり、また力強い。風貌に似合わずといったら失礼だが、ロマンティックな響きがある。このとき、Robyは28歳。とても老成した28歳だ。

フロント・カヴァーでは、Roby Dukeが窓の向こうを見つめて思いに耽る。見つめる先には、街灯の明かりのもとで男性がサックスを吹いている。このデザインは、前作の完成直後に他界した父を偲んだもの。Robyの父は、かつてサックス・プレイヤーだった。

"To my dad; how I miss him." と記されたラストの「There Is Just One Way」は、その父へ捧げた歌。しっとりした曲だが、前を向くRobyの気持ちが歌われているようで、清々しい。

●収録曲
1. Come Let Us Reason - 3:38
2. All Lost - 3:31
3. I'm Persuaded - 3:44
4. Watching For You - 3:58
5. Fight The Fight - 3:15
6. Win Or Lose (Callin') - 4:00
7. Here I Am - 3:49
8. Closer To You - 3:14
9. Lay It Down - 3:39
10. There Is Just One Way - 3:34


◆プロデュース: Win Kutz, Roby Duke(vo, ar, k)

◆参加ミュージシャン: Harlan Rogers/John Schreiner(ar, k), Dann Huff/Wayne Brasel(g), Larry Williams(k, sax), John Patitucci/Nathan East(b), Bob Wilson(ds), Alex MacDougall(per), Richard Page/Steve George/Kelly Willard(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/08/27 12:21 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/305-3dfd157c
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ