音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Lauren Woodの1981年のアルバム『Cat Trick』。
Lauren Wood / Cat Trick (1981年)
Lauren Woodはアメリカの女性シンガー・ソングライター。60年代から活動しており、いとこのNovi Novog、ベーシストのErnie Eremita等と組んだ「Rebecca And The Sunny Brook Farmers」というグループで69年にアルバムを1枚、70年代にはNovi, Ernieと組んだ「Chunky, Novi and Ernie」で73年と77年にアルバムを残している。"Chunky" は彼女の愛称だ。

ソロになってからは79年に最初のアルバム『』をリリース。本作『Cat Trick』はセカンド・アルバムで、リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが共演した90年の映画『プリティ・ウーマン』で使われた「Fallen」を収録している。

プロデュースをCrackin'のメンバーであったPeter BunettaとRick Chudacoffが担当。二人は前年にRobbie Dupreeのデビュー作『ふたりだけの夜』をプロデュースし、ヒットさせている。

共作も含めて収録された全曲がLauren Woodの作。どの曲もポップで可愛らしく、また暖かいメロディと寛いだ雰囲気を持っている。Lauren Woodの声は陽だまりのような温もりのあるアルト・ヴォイス。少しハスキーなところがチャーミングで、とても親密な響き方をする。

ポップな「Breakin' Too Many Hearts / ハートの痛手」はNicolette Larsonの79年のアルバム『』への提供曲。同じアルバムに「Fallen」も収録された。

メロウでソウルフルな「In The Dark」は、アメリカの女性シンガーのLani Hallへ提供された。80年のアルバム『Blush』に、この曲と「Ain't Got Nothin' For Me / 虚ろなふたり」の2曲が収録されている。

「Work On It」ではRobbie Dupreeとロマンティックなデュエットを披露。イギリスの女性ソウル・シンガーのMaxine Nightingaleが80年のアルバム『Bittersweet』でこの曲を歌った。続く「Half As Much / 想いを寄せて」も切ない余韻を残すロマンティックなナンバーだ。

そして、本作のハイライトは「Fallen」。ポップでキュート、エレガントな香りが立ち上るようなこの名曲は前出のNicolette Larsonのほかに、Nicole Willsも83年のアルバム『Tell Me』でカヴァー。女性シンガーだけでなく、男性のJohnny Mathisも88年のアルバム『』で歌っている。

Norman Seeffの撮影したセピア調のジャケットにはネコの眼差しのLauren Woodが写る。よく見ると、瞳は緑色。バック・カヴァー(下の画像)では、Lauren Woodの抱く猫が同じ色の瞳をしている。
Lauren Wood / Cat Trick (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Breakin' Too Many Hearts / ハートの痛手 - 3:28
2. In The Dark - 4:00
3. Work On It - 3:22
4. Half As Much / 想いを寄せて - 3:34
5. Never Been So In Love / あなただけに - 3:55
6. What I'd Give For Love / ギヴ・フォー・ラヴ - 4:59
7. Fallen - 3:41
8. We're On To Something / 愛はサムシング - 3:39
9. Ain't Got Nothin' For Me / 虚ろなふたり - 3:18
10. Dark December Night / 12月の暗い夜 - 2:36


◆プロデュース: Peter Bunetta(ds, per), Rick Chudacoff(b, k)

◆参加ミュージシャン: Lauren Wood(vo, k), Robbie Dupree(vo), Brian Ray(g), Bill Elliot(k, orch ar), Michael Boddicker(sy), Airto Moreira(per), Jerry Hey(tp), Novi(viola), Arno Lucas/Leslie Smith/Tommy Funderburk/Arnold McCuller/Tata Vega(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2017/11/06 11:07 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/308-1eff2b9b
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ