洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

The Weeknd / Beauty Behind the Madness (2015年) - アルバム・レビュー

2016年03月05日
Soul / R&B(90年代以降) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、The Weekndの2015年のアルバム『Beauty Behind the Madness』の紹介です。
The Weeknd / Beauty Behind the Madness (2015年)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド)は、カナダ出身のR&Bシンガー。本作はそのセカンド・アルバム。2015年に大ヒットしたアルバムです。

小林克也氏の音楽番組『ベストヒットUSA』で「Can't Feel My Face」のビデオ・クリップを見て、パンチのある映像とキャッチーなメロディにくぎ付けになりました。この曲は全米シングル・チャート(Billboard Hot 100チャート)の1位を獲得します。

暗く沈み込むメロディの「The Hills」も全米1位を獲得。殺伐としたジャケットといい、沈鬱なムードとナイフのような鋭さのあるアルバムですが、どの曲もメロディアスで歌声はソウルフル。中には「Tell Your Friends」のようなスウィートな曲もあり、不思議なバランスのアルバムです。

2016年のグラミー賞では7部門にノミネートされ、最優秀R&Bパフォーマンスと最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムの2部門を受賞しました。

WeekndのヴォーカルはMichael Jacksonのような美声。謎めいており、計り知れない実力を感じるアーティストです。

●収録曲
1. Real Life
2. Losers (featuring Labrinth)
3. Tell Your Friends
4. Often
5. The Hills
6. Acquainted
7. Can't Feel My Face
8. Shameless
9. Earned It (from Fifty Shades of Grey)
10. In the Night
11. As You Are
12. Dark Times (featuring Ed Sheeran)
13. Prisoner (featuring Lana Del Rey)
14. Angel


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません