音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Americaの1982年の名作『View From The Ground / 風のマジック』。
America / View From The Ground
Americaは70年代に「Horse With No Name / 名前のない馬」、「Ventura Highway」、「Sister Golden Hair / 金色の髪の少女」などのヒット曲を連発した名グループ。
デビュー時はDewey Bunnell、Dan Peek、Gerry Beckleyの3人によるトリオ編成のバンドであったが、1977年にDan Peekが抜け、本作ではBunnellとBeckleyの二人になっている。

このアルバムは、Dan Peekが去ってから低迷していた彼らを復活させたアルバム。
復活に大きく貢献したのが、プロデューサーに名前の挙がっているRuss Ballardだ。

Russ Ballardは「You Can Do Magic / 風のマジック」と「Jody」の2曲を提供した。
「風のマジック」は、優れたメロディ・メイカーのRuss Ballardらしい、爽やかでキャッチーなナンバー。
この曲はBillboard Hot 100チャートの8位となり、久々のTop 10入りを果たした。
もう一曲の「Jody」も、ポップで優しいメロディが印象に残る、気持ちの良いナンバーだ。

本作からのセカンド・シングルは、「Right Before Your Eyes」。
Hot 100チャートでは45位どまりだったが、メロディの綺麗な素晴らしいバラードである。
この曲はIan Thomas作。Ian Thomas Bandの1976年のアルバム『Calabash』に収録されている。

Jeff Porcaro(ds)、Steve Lukather(g)、Mike Porcaro(b)といったTOTOのメンバーも参加し、サウンドはコンテンポラリーな仕上がり。
Lenny LeBlanc等が提供した「Desperate Love」のような、TOTOさながらのロック・チューンもある。

10曲中の6曲を占めるオリジナル曲では、Americaらしいアコースティックな響きと美しいハーモニーが光る。
70年代からのAmericaのファンも安心して聴くことのできるアルバムだ。

ジャケットの風景の気持ちの良いこと。
緑の草原を風が吹きぬける様が目に見えるようだ。
「風のマジック」という秀逸な邦題は、このジャケットからヒントを得たのだろう。

●収録曲
1. You Can Do Magic / 風のマジック - 3:48
2. Never Be Lonely - 3:45
3. You Girl - 3:32
4. Inspector Mills - 5:10
5. Love on the Vine - 3:02
6. Desperate Love - 3:51
7. Right Before Your Eyes - 3:47
8. Jody - 3:49
9. Sometimes Lovers - 4:27
10. Even the Score - 3:36


◆プロデュース: Russ Ballard(all instruments, bv), Bobby Colomby, Gerry Beckley, Dewey Bunnell

◆参加ミュージシャン: Gerry Beckley(vo, g, k), Dewey Bunnell(vo, g), Steve Lukather/Hadley Hockensmith/Dean Parks(g), Jai Winding(k), Mark Isham(sy), Mike Porcaro/Brad Palmer(b), Jeff Porcaro/Alvin Taylor(ds), Christopher Cross/Carl Wilson/Tom Kelly/Timothy B. Schmit(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/10 17:30 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/312-3f6cc065
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター