音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Rolling Stonesの1976年作『Black And Blue』です。
ギタリストのRonnie Wood(ロン・ウッド)が初めて参加したアルバムです。

ストーンズの中では1番ぐらいに好きなアルバム。

「Hot Stuff」は、ディスコ・ブームを先取りしたようなファンキーなナンバー。
「Hey Negrita」も同じ雰囲気のファンク・チューンです。

「Hand Of Fate」は、ストレートなロックン・ロール。
メロディにフックがあり、ストーンズらしい力の抜き加減が最高にかっこイイ。

「Memory Motel」は、スウィートなバラード。
優しいメロディをMick Jaggerが男っぽく歌い、堪らなく切ないです。

全米10位のヒットを記録した「Fool to Cry / 愚か者の涙」も、ストーンズ屈指の名バラード。

 ダディー、泣くなんて馬鹿よ。
 馬鹿よ、泣くなんて。
 なんで泣くのかわからないわ。

と女に慰められる駄目な男を歌う。

優しいギターとオルガンの音色に包まれて、Mick Jaggerの独特の裏声が哀愁を誘います。

この歌の男に、どうしようもなく憧れてしまう何故でしょうね。。。

●収録曲
1. Hot Stuff
2. Hand Of Fate
3. Cherry Oh Baby
4. Memory Motel
5. Hey Negrita
6. Melody
7. Fool To Cry
8. Crazy Mama


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/03/20 22:55 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/315-48045338
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター