音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Bob Welchの1977年作『French Kiss』。
Bob Welch / French Kiss
Bob Welchはロサンゼルス生まれのミュージシャン。
Fleetwood Macの元メンバー(ギタリスト)であり、70年代の前半に5枚のアルバムに参加している。
ブリティッシュ・ブルース・バンドであったFleetwood Macにウェストコースト・サウンドを持ち込み、爽やかなポップス・バンドへと進む素地を作ったのはBob Welchである。

Bob WelchはFleetwood Macを1974年に脱退し、翌年にParisというハードロック・バンドを結成。
Parisは2枚のアルバムを残して解散するが、セカンド・アルバム『Big Towne, 2061』などは優れた内容で、ロック好きからの評価も高い。

さて、本作『French Kiss』は、Bob Welchのソロ・デビュー作である。
ジャケットには、フレンチ・キスどころか濃厚すぎるキスの洗礼を受けるBob Welchが写っている。

全曲がBob Welchのオリジナルで、1曲目の「Sentimental Lady / 悲しい女」は、Fleetwood Macの1972年のアルバム『Bare Trees / 枯木』に収録されたナンバーのセルフ・カヴァー。
この曲には、Fleetwood MacからMick Fleetwood(ds), Lindsey Buckingham(g, bv), Christine McVie(k, bv)の3人がゲスト参加しており、プロデュースもLindsey BuckinghamとChristine McVieが担当している。

残りの曲は、Parisのサード・アルバムの為に用意された素材であるが、それが叶わずに、本作で日の目を見た。これらの曲では、Bob Welchがドラムスを除く全ての楽器を担当するというマルチ・プレイヤーぶりを発揮している。
ポップでキャッチーで、ちょっと繊細なメロディはいかにもBob Welchらしい。

「Sentimental Lady」は、タイトル通りのセンチメンタルなメロディを持つ名曲。シングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの8位となるヒットを記録した。Juice Newtonがバック・ヴォーカルを担当した「Ebony Eyes」もチャートの14位をマーク。「Hot Love, Cold World」も31位に到達した。
アルバムはBillboard 200チャートの12位をマークし、Bob Welchのソロ・アルバムの中で、最大のヒット・アルバムとなっている。

●収録曲
1. Sentimental Lady - 2:52
2. Easy to Fall - 3:31
3. Hot Love, Cold World - 3:39
4. Mystery Train - 3:07
5. Lose My Heart - 1:55
6. Outskirts - 3:19
7. Ebony Eyes - 3:33
8. Lose Your... - 0:45
9. Carolene - 3:13
10. Dancin' Eyes - 3:20
11. Danchiva - 3:51
12. Lose Your Heart - 3:16


◆プロデュース: John Carter, Lindsey Buckingham(g, bv), Christine McVie(k, bv)

◆参加ミュージシャン: Bob Welch(vo, g, b), Mick Fleetwood/Alvin Taylor(ds), Juice Newton(bv)

ところで、本作『French Kiss』から1980年の『Man Overboard』までの4枚のアルバムを収録した4CDのBOXセット『Hot Love, Cold World』が、2015年12月に発売されている。詳細な英語のブックレットが付き、セカンド・アルバム『Three Hearts』にはボーナス・トラックも5曲収録されおり、お薦め。
BOXセットのカヴァーは、『French Kiss』のアルバム・カヴァーと同じであり、タイトルも『French Kiss』の3曲目のタイトルを採用している。

●BOXセットの内容
1. French Kiss (1977年)
2. Three Hearts (1979年、Bonus Track収録)
3. The Other One (1979年)
4. Man Overboard (1980年)



関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/10/12 18:05 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/317-89b1abe5
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター