音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Bob Welchの1977年のアルバム『French Kiss』。
Bob Welch / French Kiss (1977年)
Bob Welchはロサンゼルス生まれのミュージシャン。Fleetwood Macの元メンバー(1971年~74年)であり、ギター、ヴォーカル、ソングライターを担当して5枚のアルバムに参加した。ブリティッシュ・ブルース・バンドとしてスタートしたFleetwood Macに爽やかなウェストコースト・サウンドを持ち込んだのはBob Welchである。

Bob WelchはFleetwood Macを抜けた翌年にParisというハードロック・バンドを結成し、2枚のアルバムを残した。特に2作目の『』(76年)は優れた内容で、ロック好きからの評価も高い。一方、Welchの後任にLindsey Buckingham(g)とStevie Nicks(vo)を迎えたFleetwood Macは75年のアルバム『』(米1位)で大ブレイクし、黄金期を築いている。

この『French Kiss』はBob Welchのソロ・デビュー作で、全曲がWelchのオリジナル。1曲目の「Sentimental Lady / 悲しい女」はFleetwood Macの72年のアルバム『』の収録曲をセルフ・カヴァーしたもので、Fleetwood MacからMick Fleetwood(ds), L.Buckingham(g), Christine McVie(k)がゲストで参加し、プロデュースもBuckinghamとMcVieが担当した。

残りの曲はParisのサード・アルバムのために用意された素材であるが、Parisが解散したために本作に使われた。これらの曲では、Bob Welchがドラムス以外の全ての楽器を演奏している。ポップで親しみのあるメロディはBob Welchの持ち味だ。

本作からは「Sentimental Lady」がBillboard Hot 100チャートの8位となるヒットを記録し、Juice Newtonがバック・ヴォーカルを担当した「Ebony Eyes」は14位、「Hot Love, Cold World」も31位をマークした。アルバムはBillboard 200チャートの12位となり、Bob Welchのソロ・アルバムの中で最高位を記録している。

「Sentimental Lady」はそのタイトルどおり、とてもセンチメンタルなメロディの曲。フレンチ・キスならぬ濃厚なキスを受けるジャケットのBob Welchはどちらかというと強面だが、作るメロディがチャーミングで、そのギャップが魅力。

●収録曲
1. Sentimental Lady - 2:52
2. Easy to Fall - 3:31
3. Hot Love, Cold World - 3:39
4. Mystery Train - 3:07
5. Lose My Heart - 1:55
6. Outskirts - 3:19
7. Ebony Eyes - 3:33
8. Lose Your... - 0:45
9. Carolene - 3:13
10. Dancin' Eyes - 3:20
11. Danchiva - 3:51
12. Lose Your Heart - 3:16


◆プロデュース: John Carter, Lindsey Buckingham(g, bv), Christine McVie(k, bv)

◆参加ミュージシャン: Bob Welch(vo, g, b), Mick Fleetwood/Alvin Taylor(ds), Juice Newton(bv)

また、『French Kiss』から80年の『Man Overboard』までの4枚のソロ・アルバムを収録したBOXセットの『Hot Love, Cold World』が2015年12月に発売されている。詳細な英語のブックレットが付いて、2作目の『Three Hearts』にはボーナス・トラックも4曲収録されおり、お薦め。BOXセットのカヴァーには『French Kiss』のジャケットが使われ、タイトルには『French Kiss』の3曲目のタイトルが採用されている。

●BOXセットの内容
1.『French Kiss』(77年)
2.『Three Hearts』(79年, Bonus Track収録)
3.『The Other One』(79年)
4.『Man Overboard』(80年)



関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/03/18 16:13 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/317-89b1abe5
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ