音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Erik Taggの1977年のアルバム『Rendez-Vous』。
Erik Tagg / Rendez-Vous (1977年)
Erik Taggは、AORやフリー・ソウルにおいて高い人気を集めるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダに渡って音楽のキャリアをスタートした。ソロ・アルバムは4枚あり、最初の2枚は欧州リリース。本作は、その欧州リリースのセカンド・アルバムである。

Erik Taggが広く知られるようになったのは、ジャズ/フュージョン・ギタリストのLee Litenourが81年のヒット作『RIT』においてErik Taggをリード・シンガー兼ソングライターとして起用してからだ。独特の湿度と温もりのある爽やかな声と、ソウル・フィーリングのある歌唱が注目され、ヒット曲「Is It You?」(全米15位)などのソングライティングのセンスが評価された。

Lee Litenourは、翌82年のアルバム『RIT/2』においてもErik Taggをフィーチャ。Erik Taggの同じ年のサード・アルバム『Dreamwalkin'』ではプロデューサーを担当している。

どうだろう、この爽やかなグリーンのジャケットは。ミントの香りが漂ってくるようだ。そして、横顔の穏やかな佇まい。端正で清潔なサウンドを期待させる。

内容は期待を裏切らない。ソウルフルでグルーヴィなサウンドは、空に舞い上がるように爽やかでメロウ。少し鼻にかかった感じの歌声もスウィートで、万人が聴いて、万人が気持ちよいと感じる音楽だと思う。

75年のファースト・アルバム『Smilin' Memories』には、Jeff Porcaro(ds), Mike Porcaro(b), Lee Ritenour(g), David Foster(k)などの馴染みのプレイヤーが参加しているが、本作のバック・ミュージシャンはErik Taggの地元ダラスの昔からの知り合いとのこと。ベースのLarry Taggは1歳年上の兄で、本作が初レコーディング。Larryは後にロック・バンドのBourgeois Tagg(ブルジョア・タッグ)を結成して活躍した。

本作が98年に日本で世界初CD化された際には未発表の4曲がボーナス・トラックとして収録されている。その4曲も本編と遜色ない出来で素晴らしい。

●収録曲
1. Got To Be Lovin' You
2. Rendez-Vous
3. Lover With Stature
4. Fancy Meeting You
5. Marja's Tune
6. Babies
7. Mutual Feeling
8. Soul Touch
9. Life Goes On
10. Living Off The Love (bonus track)
11. The Love I Gave (bonus track)
12. Who Are You? (bonus track)
13. Will They Be Listening? (bonus track)


◆プロデュース: Hans Vermeulen(g, string ar)

◆参加ミュージシャン: Erik Tagg(vo, k, flute), Adam Palma Jr.(g), Bert Liggon(k, per), Larry Tagg(b), George Lawrence III(ds), Ron Snyder(per), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/21 17:03 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
コメント
エリックタッグ大好きでした!♪クライ・クライ・ベイビー、クライ~が一番良かったですね。
2017/11/23 11:31 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは

「♪クライ・クライ・ベイビー、クライ~」は、1982年のアルバム『Dreamwalkin'』の曲(Crybaby)ですね。哀愁味のあるメロディがいいですよね。RWさんの「My Favorite Songs」は、ダイアー・ストレイツの「悲しきサルタン」ですね。渋いセレクトですね~
2017/11/23 16:28 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/318-a17d9bfc
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Ben Sidran / The Doctor Is In 2018/07/19
AOR名盤(1985年) - Michael McDonald / No Lookin' Back 2018/07/17
AOR名盤(1981年) - John Valenti / I Won't Change (女はドラマティック) 2018/07/15
AOR名盤(1978年) - Bill LaBounty / This Night Won't Last Forever 2018/07/12
AOR名盤(1981年) - Gino Vannelli / Nightwalker 2018/07/10
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』y240.exblog.jp