音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Deniece Williamsの1979年のアルバム『When Love Comes Calling / ラヴ・コーリン』。
Deniece Williams / When Love Comes Calling (1979年)
Deniece Williamsはアメリカの女性シンガー・ソングライター。70年代前半はStevie Wonderのバック・バンド「Wonderlove」のメンバーになってバック・ヴォーカリストを担当していたが、75年にStevie Wonderのもとを離れてソロ活動をスタートした。

本作はDeniece Williamsの3枚目のアルバム。Johnny Mathis & Deniece Williams名義の78年のアルバム『That's What Friends Are For』を含めると4作目にあたる。

最初の2作ではEW&FのMaurice Whiteがプロデュースを担当したが、本作ではDavid FosterとRay Parker Jr.がプロデュースを担当し、Fosterが6曲(2, 4, 5, 6, 7, 10)、Ray Parker Jr.が3曲(1, 8, 9)を分担した。79年と言えばEW&FもFosterの力を借りて「After the Love Has Gone」を大ヒット(米2位)させており、その才能を評価したMaurice WhiteがFosterに彼女のプロデュースを託したのだろう。

タイトル曲「When Love Comes Calling」は、Fosterの都会的なアレンジとJeff Porcaroらしいシャープなドラムスを賞味できる好ナンバー。Jeff Porcaroはこの曲を含む5曲(1, 6, 7, 9, 10)でドラムスを叩いている。

ラストの「Why Can't We Fall In Love」はFosterとCarole Bayer Sager、Denieceの3人による共作で、本作の目玉となる美しいバラード。Maurice Whiteもこの1曲に参加し、Bill Champlinとゴージャスなバック・コーラスを添える。TOTOのメンバーによる演奏はしなやかで、Jerry Heyのホーン・アレンジとFosterのストリングス・アレンジは華やか。とろけるようにメロウなエンディングだ。

Denieceには2曲の全米No.1ヒットがあり、1曲は78年にJohnny Mathisとデュエットした「Too Much, Too Little, Too Late」で、もう1曲は84年の映画『Footloose』のサントラに使われた「Let's Hear It for the Boy」(Tom Snow作)。Denieceの声は爽やかでチャーミングなので、ロマンティックなデュエットよりは「Let's Hear It for the Boy」のようなポップな曲にとても合う。

●収録曲
1. I Found Love - 3:40
2. Are You Thinking - 4:19
3. My Prayer - 0:23
4. I've Got The Next Dance - 5:49
5. Touch Me Again - 5:10
6. When Love Comes Calling - 3:27
7. God Knows - 4:09
8. Like Magic / 恋はマジック - 3:31
9. Turn Around - 3:48
10. Why Can't We Fall In Love / 愛は果てしなく - 4:30


◆プロデュース: David Foster(k), Ray Parker Jr.(g, bv), Deniece Williams

◆参加ミュージシャン: Greg Phillinganes(k), Steve Lukather(g), Mike Porcaro/David Hungate(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Ollie E. Brown/Paulinho Da Costa(per), Bill Champlin/Maurice White(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/21 20:07 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/319-fe0516d5
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター