音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Jim Photogloの1981年のアルバム『Fool In Love With You / フール・イン・ラヴ』。
Jim Photoglo / Fool In Love With You (1981年)
Jim PhotogloはLA出身のミュージシャン。ファースト・アルバムは1980年の『』で、本作『Fool In Love With You』はセカンド・アルバムにあたる。当初はポップ・アーティストとして活動していたが、84年にナッシュヴィルに移るとカントリー・ミュージックのソングライターとなり、カントリー・チャートのTop 10ヒットを何曲か書いている。

本作のプロデュースを担当したBrian NearyはJim Photogloの70年代からの音楽パートナー。収録曲についても6曲をBrianとJimが共作している。残りの曲は、ギタリストのGeorge Marinelli, Jr.作の「Won't Let You Do It To Me」、John Bettis & Richard Kerr作の「I Can't Let Go Of You 」、Michael McDonaldがドゥービーズ加入前の74年に書いた「Try It Again」、ベーシストのDennis Belfieldが書いた「There's Always Another Chance Left For Love」となっている。

タイトル曲の「Fool In Love With You」は、Michael McDonaldの「What A Fool Believes」に刺激されて作ったというリラックスしたナンバー。Billboard Hot 100チャートの25位をマークし、Jim Photogloの最大のヒット曲になった。

続く「Tonight Will Last Forever」は香り立つようなメロウネスのある本作一押しのナンバーで、伸びやかに舞うサックスがとても気持ちいい。シングルになっているようだが、詳細は分からない。

ラストの2曲は美しくロマンティックなバラードで、2曲が繋がるようにアレンジされている。「Try It Again」と「There's Always Another Chance Left For Love」というタイトルは、何度でもやり直そうという清々しいメッセージ。「Try It Again」は、"Michael McDonaldがこの歌を歌っているテープを聞いてすっかり惚れ込んだ曲" とのことだ。

どの曲も親しみやすいメロディを持っており、それを歌うJim Photogloのヴォーカルも温かい。情感を込めながらも、爽やかに歌うところがこの人の持ち味。ちなみに、本人は草刈正雄そっくりの色男である。
Jim Photoglo / Fool In Love With You (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Fool In Love With You - 3:40
2. Tonight Will Last Forever - 4:03
3. More To Love - 3:47
4. Won't Let You Do It To Me - 3:29
5. Ruled By My Heart - 4:02
6. Angelina - 4:22
7. I Can't Let Go Of You - 4:24
8. Run To Me - 3:09
9. Try It Again - 3:29
10. There's Always Another Chance Left For Love - 3:20


◆プロデュース: Brian Francis Neary(sy, bv)

◆参加ミュージシャン: Jim Photoglo(vo, ag), George Marinelli Jr.(g), Fred Tackett/George Doering(ag), Bill Cuomo/Bill Champlin(k), Dennis Belfield(b), Carlos Vega(ds), Bill Meyers(orch ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/05 15:30 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/320-2158ff30
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Keane Brothers / Taking Off 2018/10/16
AOR名盤(1978年) - James Vincent / Waiting For The Rain 2018/10/14
AOR名盤(1982年) - Steve Archer / ...Solo 2018/10/11
AOR名盤(1979年) - Ben Sidran / The Cat And The Hat 2018/10/09
AOR名盤(1982年) - White Heart / White Heart 2018/10/07
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ