洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Ambrosia / One Eighty (真夜中の晩餐会) (1980年) - アルバム・レビュー

2019年06月22日
AOR名盤(1980年) 2





関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

ムンドリ

Biggest Part Of Me

アンブロージアといえば
Biggest Part Of MeとYour'e The Only Womaの2曲。ていうか、
これしか知りません(笑)トップ40とかビルボード誌のチャートに
首ったけの時期だった頃によく聞きました。

>プログレッシヴ・ロック・バンドとしてスタート
そうなんだ!もともとAORのグループと思ってました。v-12
詳しい記事ためになりました。ありがとう。

2017年05月05日 (金) 08:28

Warm Breeze

Re: Biggest Part Of Me

ムンドリさん、こんにちは。
こちらこそ宜しくお願いします。

アンブロージアといえば「Biggest Part Of Me」。AORのバンドというイメージですよね。
でも、ファーストとセカンドはプログレという感じがします。メロディが適度にポップで、初期のYesのような雰囲気もあります。セカンド・アルバムの邦題なんか『ピラミッドの伝説』ですからね。

2017年05月05日 (金) 10:18