音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Ambrosiaの1980年のアルバム『One Eighty / 真夜中の晩餐会』。
Ambrosia / One Eighty (真夜中の晩餐会) (1980年)
Ambrosiaはロサンゼルス生まれのバンド。プログレッシヴ・ロック・バンドとしてスタートし、次第にコンテンポラリーな作風にスタイルを変えたバンドである。

バンドの結成は1971年で、初期メンバーはDavid Pack(g, vo), Joe Puerta(b, vo), Christopher North(k), Burleigh Drummond(ds, vo)の4人。後にDavid Cutler Lewis(k)とRoyce Jones(per, vo)が加わって6人編成となった。フロント・カヴァーに写る3人はDavid(Pack), Joe, Burleighである。

彼らのデビュー・アルバムは75年の『Ambrosia』で、そこではAlan Parsonsがエンジニアとミキシングを担当している。Alan Parsonsは、76年のセカンド・アルバム『Somewhere I've Never Travelled / ピラミッドの伝説』のプロデュースも担当し、この頃のAmbrosiaは "LA唯一のプログレ・バンド" として注目された。

本作は彼らの4作目。プログレの残り香はあるが、金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』で紹介されるほどのコンテンポラリーな内容になっている。

1曲目の「Ready / もう待てない」は、ギター・オリエンテッドなサウンドが爽快なロック・チューン。リード・ヴォーカルはDavid Packだが、サビではJoe Puertaとの高音のハモリが見事に決まる。ちなみに、彼らのうちDavid(Pack), Joe, Burleigh, Royceの4人がリード・ヴォーカルを取ることができ、本作ではDavidが5曲(1, 4, 6, 8, 9)、Joeが2曲(3, 5)、Burleighが1曲(7)、Royceが1曲(2)を担当した。

続く「Shape I'm In」と「Kamikaze / 神風」は、彼らの出自を感じさせるプログレ風のナンバー。と言っても、どこかウェスト・コースト産の爽やかさが感じられるのが彼らの特長だ。

「You're The Only Woman / 愛にときめいて」は、AOR史上屈指のメロウ・バラード。曲のタイトルに相応しいロマンティックなメロディを持ち、David, Burleigh, Joe, Royceによるふくよかなハーモニーが美しい。この曲はセカンド・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの13位となるヒットを記録した。

本作にはもう一曲、「Biggest Part Of Me」という有名なメロウ・チューンが収録されている。ファースト・シングルとしてBillboard Hot 100チャートの3位をマークし、彼らを代表するヒット曲となった。この曲では、ゲスト・ミュージシャンのErnie Wattsが素晴らしいSaxソロを添えている。

David Packの美しいファルセットやソウルフルな歌い方はMichael McDonaldと良く比べられる。また、「愛にときめいて」やこの「Biggest Part Of Me」のようなヒット性の高いバラードを書く才覚がある。78年のサード・アルバム『』にも、Davidの書いた「How Much I Feel / お前に夢中」という極上のメロウ・バラードがあり、やはりBillboard Hot 100チャートの3位を記録。AOR路線へのone-eighty(180度旋回)の牽引役となった。

●収録曲
1. Ready / もう待てない - 4:25
2. Shape I'm In - 3:29
3. Kamikaze / 神風 - 4:01
4. You're The Only Woman / 愛にときめいて - 4:20
5. Rock N' A Hard Place - 3:59
6. Livin' On My Own - 4:41
7. Cryin' In The Rain / 雨に打たれて - 4:37
8. No Big Deal - 4:25
9. Biggest Part Of Me - 5:26


◆プロデュース: Ambrosia, Freddie Piro

◆参加ミュージシャン: David Pack(g, vo), Joe Puerta(b, vo), Christopher North/David Cutler Lewis(k), Burleigh Drummond(ds, per, vo), Royce Jones(per, vo)
with Ernie Watts(sax), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/03 17:49 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
Biggest Part Of Me
アンブロージアといえば
Biggest Part Of MeとYour'e The Only Womaの2曲。ていうか、
これしか知りません(笑)トップ40とかビルボード誌のチャートに
首ったけの時期だった頃によく聞きました。

>プログレッシヴ・ロック・バンドとしてスタート
そうなんだ!もともとAORのグループと思ってました。v-12
詳しい記事ためになりました。ありがとう。
2017/05/05 08:28 ムンドリ URL
Re: Biggest Part Of Me
ムンドリさん、こんにちは。
こちらこそ宜しくお願いします。

アンブロージアといえば「Biggest Part Of Me」。AORのバンドというイメージですよね。
でも、ファーストとセカンドはプログレという感じがします。メロディが適度にポップで、初期のYesのような雰囲気もあります。セカンド・アルバムの邦題なんか『ピラミッドの伝説』ですからね。
2017/05/05 10:18 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/328-dd40e778
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp