音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

John Farrarの1980年のアルバム『John Farrar』。
John Farrar / John Farrar (1980年)
John Farrarはオーストラリア出身のミュージシャン。Olivia Newton-Johnのソングライター兼プロデューサーとしての仕事は有名で、「Have You Never Been Mellow / そよ風の誘惑」(75年)、「You're the One That I Want / 愛のデュエット」(78年)、「Magic」(80年)などの全米No.1ヒットを始め、彼女の多くのヒット曲やヒット・アルバムを手がけた。

ロック・バンドのメンバーとしても60年代から活動しており、70年代中盤には英国のThe Shadowsのリズム・ギターを担当していた。ソロ・アルバムは1枚だけあり、それが本作。とても丁寧に作られた印象を受けるアルバムだ。

収録曲は全てJohn Farrarのオリジナルで、このうち3曲(2, 3, 6)を優れたメロディ・メイカーのTom Snowと、1曲(7)をThe Shadowsのリード・ギタリストであるHank Marvinと共作している。

Olivia Newton-Johnの「そよ風の誘惑」もそうだが、優しいメロディを紡ぎ、それをふんわりと華やかに仕上げる手腕が素晴らしく、本作では「Reckless / ときめき」「Cheatin' His Heart Out Again / 雨のハイウェイ」「Recovery」「Falling」「From The Heart / 真心をこめて」あたりにFarrarの良さが表れている。

ファルセットの美しいコーラスがアルバムの随所に入るので、Bee GeesのBarry Gibbあたりが参加しているのかと思いきや、実際はFarrar自らがヴォーカルを幾重にも重ねたもの。細やかな仕事に頭が下がる。

Tom Snowと共作した曲の中では「Recovery」が素晴らしい。ポップなメロディを柔らかくアレンジしたドリーミーな曲だ。

ほとんどFarrarのヴォーカルだけで最後まで聴かせる「Falling」も、しっとりと美しい曲、Olivia Newton-Johnとデュエットしたら、さぞやロマンティックだろうと想像してしまう。

そのOlivia Newton-Johnとのデュエットは、「Reckless / ときめき」の方で実現した。2008年のOlivia Newton-John & Friends名義のアルバム『』に収録され、二人の息の合ったデュエットを聴くことができる。

●収録曲
1. Reckless / ときめき - 3:21
2. Tell Someone Who Cares - 4:16
3. Can't Hold Back - 3:22
4. Gettin' Loose - 3:07
5. Cheatin' His Heart Out Again / 雨のハイウェイ - 4:03
6. Recovery - 4:22
7. It'll Be Me Babe - 3:27
8. Falling - 3:35
9. From The Heart / 真心をこめて - 4:23


◆プロデュース: John Farrar(vo, g, k, b)

◆参加ミュージシャン: Tom Snow(k), Michael Boddicker(sy), Mike Porcaro/David McDaniels(b), Ed Greene/Michael Botts(ds)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/28 11:04 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/332-33ffc9b1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター