音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Crackin'の1978年のアルバム『Special Touch』。
Crackin' / Special Touch (1978年)
Crackin'は70年代に活動した白人・黒人混成の大型グループ。メンバーには、後に実力派セッション・シンガーとして活躍するLeslie Smithや、売れっ子プロデューサー・チームとしてRobbie DupreeやSmokie Robinson、The Temptations、Kenny Gらを手掛けるRick ChudacoffとPeter Bunettaが在籍した。彼らはもとはNYで活動していたが、西海岸のサン・フランシスコに活動の拠点を移してレコード契約を獲得し、70年代後半に4枚のアルバムを残している。

彼らの音楽は都会的な洗練のあるソウル・ミュージック。メロウでファンキーなグルーヴと豊かな(時に郷愁を誘う)メロディがあり、ソウルフルな歌声と爽やかなハーモニーがある。また、演奏も躍動感に溢れていて、心地よい音楽に求められる要素がみな揃っている。中田利樹氏は彼らの音楽を「既成のロックでもソウルでもない独自のファンキー・サウンド」と表現した。

本作は彼らのラスト・アルバムとなる4作目。前作に続いてMichael Omartianがプロデュースを担当した。Michael Omartianは、2年後にChristopher Crossのグラミー受賞作『南から来た男』のプロデュースを手掛ける名匠だ。

収録曲は「Nobody Else」と「In Between」の2曲を除いて彼らのオリジナル。
「Nobody Else」はRobbie Dupree作の都会的なナンバーで、Dupree本人も80年のデビュー作『ふたりだけの夜』でセルフ・カヴァーした。そのアルバムをプロデュースしたのはBunetta & Chudacoffのコンビである。

「In Between」はMichael Omartianと奥様のStormieによる共作。Leslie Smithが艶のあるテナー・ヴォイスで情感豊かに歌いあげるロマンティックな曲だ。ちなみに、Leslie Smithの82年のソロ・デビュー作『Heartache』も、Bunetta & Chudacoffがプロデュースした。

「Too Young」はファンキーとメロウを巧みにブレンドしたCrakin'らしいバラード。憂いのあるメロディと美しいハーモニーが切ない余韻を残す。

空に舞い上がるようなメロディとグルーヴを持つ「Don't Cha Love Me」も良い。Leslie Smithの伸びやかな歌声にWatersの女性二人(Julia, Maxine)のエレガントなバック・ヴォーカルが絡む会心の作だ。

本作は、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから昨年9月に高品質SHM-CDで再発された。Robbie Dupreeの『ふたりだけの夜』や、Lauren Woodの81年のアルバム『Cat Trick』など、Bunetta & Chudacoffのプロデュース作も同じシリーズからCDが再発されており、お薦めだ。

●収録曲
1. Double Love - 3:23
2. Too Young - 3:58
3. Heavenly Day - 4:02
4. Nobody Else - 3:05
5. I Could Be Anything - 3:58
6. I Can't Wait Forever - 4:02
7. In Between - 3:53
8. Don't Cha Love Me - 3:49
9. On The Wing - 4:15
10. Kalalee - 5:07


◆プロデュース: Michael Omartian(k, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Leslie Smith/Arno Lucas(vo, per), Bob Bordy/Brian Ray(g), G.T.Clinton(k), Rick Chudacoff(b), Peter Bunetta(ds, per)
with Jay Graydon(sy), Ernie Watts(sax), Julia Waters/Maxine Waters(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/05 17:57 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(4)
コメント
ブライアン・レイ
こんばんは。
私もこのバンド、大好きでした。レスリー・スミスやバネッタ&チューダコフが在籍していたバンドとして有名ですが、個人的にはブライアン・レイに注目!今やポール・マッカートニー・バンドのギタリストとして有名なブライアン・レイ。(恐らく)このバンドに在籍していたブライアンと同一人物かと思ってます。この時もシャープなギターを弾いてましたね。
2017/05/05 20:41 240 URL [ 編集 ]
Re: ブライアン・レイ
240さん、こんばんは。

なるほど!
調べてみたところ、ギタリストのブライアン・レイは確かにポール・マッカートニー・バンドのギタリストと同一人物ですね。
(エアロスミスのスティーヴン・タイラー似ですね…)

初めて知りました! 教えてくださって、ありがとうございます。
クラッキンには前作からの参加ですね。

240さんの『Makings Of A Dream』の記事も拝見しました。
2017/05/05 23:04 Warm Breeze URL
すごいマニアックな深堀記事・・、このアーティストは全く知りません。凄いですね~
明日からまた会社か~、リハビリが必要と思えますが皆も一緒か・・。また日常に戻らねば・・(苦笑)
2017/05/07 19:25 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんばんは。

クラッキンはお薦めですよ~
The Doobie Brothersあたりが好きならば、きっと気に入ると思います。

GWも終わってしまいましたね。良い音楽を助けに明日からも頑張りましょう。
2017/05/07 23:34 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/336-d5675618
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター