音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Byrne And Barnesの1981年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』。
Byrne And Barnes / An Eye For An Eye (スウィート・リヴェンジ) (1981年)
Byrne And Barnesは、アメリカのマッスル・ショールズを拠点に活動するシンガー・ソングライターのRobert Byrne(vo, g)と、同じマッスル・ショールズで活動するマルチ・プレイヤーのBrandon Barnes(k, b, ds, bv)によるユニット。本作は彼らの唯一のアルバムである。

Robert Byrneには79年のソロ・デビュー作『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』があるが、それに続くセカンド・アルバム用にBrandon Barnes等と制作していたマテリアルをByrne And Barnes名義でリリースしたという経緯のようだ。

両アルバムとも金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』で紹介されているが、クオリティは本作『An Eye For An Eye』の方が上。ところが、発売当時は本国アメリカでのリリースは見送られ、日本のみでリリースされた。2001年の初CD化も日本のドリームスヴィル・レコードからである。

収録曲は共作も含めて全て彼らのオリジナル。初CD化の際にボーナス・トラックが2曲追加され、そこでの曲数は13曲になっている。内訳は、Byrne And Barnesによる共作が8曲(1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12)、Robert Byrneの作/共作が4曲(9, 10, 11, 13)、Brandon Barnesが他のライターと共作したのが1曲(6)である。

琴線に触れるような憂いのあるメロディの曲が多く、とてもロマンティックなアルバムだ。と言っても、甘くウェットな質感ではなく、サウンドはクールでビター。初CD化の際に初めて聴いて、これは素晴らしいアルバムだと感動した。こういうメロディはアメリカでは好まれないのだろうか?

フロント・カヴァーが印象的で、一度見たら忘れられない。海か空を思わせる鮮やかなブルーの背景と、瞳を閉じる美しい女性の横顔。これだけで十分なのに、瞼の上には奇妙なオブジェが…。とてもシュール。

曲が優れているので、USリリースはないのにカヴァーは多い。カヴァー曲の主な収録アルバムは次のとおり。

○「One More Try For Me」:『』(Crystal Gayle & Gary Morris, 87年)
○「Love You Out Of Your Mind」:『』(Anne Murray, 84年)
○「Be My Baby」:『Borrowed Time』(Johnny Rivers, 80年)
○「Right Through The Heart」:『You Can Call Me Blue』(Michael Johnson, 80年)。『』(Manfred Mann's Earth Band, 86年)
○「Who's That Look In Your Eye」:『』(Michael Johnson, 84年)。『』(Rick Bowles, 84年)。『』(Engelbert Humperdinck, 83年)。

2016年の7月にFavorite Recordingsというフランスのレーベルから輸入盤のCDとLPが同時に再発されており、ボーナス・トラックは未収録だが、お薦め。
※ちなみに曲順は初CD化のもの(以下に示す曲順)と異なっている。

●収録曲
1. An Eye For An Eye - 3:50
2. Standby Lover - 4:07
3. Crack The Whip / 愛の罠 - 3:19
4. Keep On Running - 3:16
5. One More Try For Me / 君がいるかぎり - 3:57
6. Never Gonna Stop Lovin' You - 3:30
7. Love You Out Of Your Mind - 3:14
8. I'll Try A Little Everyday For You - 3:18
9. Making Love For The First Time / 星に誓ったふたり - 2:54
10. Be My Baby - 2:52
11. Right Through The Heart / ハートでお願い - 3:55
12. That's The Way She Goes (Bonus Track) - 4:14
13. Who's That Look In Your Eye (Bonus Track) - 3:32


◆プロデュース: Clayton Ivey(k, vibe), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Robert Byrne(vo, g), Brandon Barnes(k, b, ds, bv)
with John Willis(g), Randy McCormick(k), Lenny LeBlanc(b), Roger Clark(ds), Jim Horn(sax), Hershey Reeves(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/08 16:02 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/343-f873b2a0
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター