洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Prince and the Revolution / Purple Rain (1984年) - アルバム・レビュー

2016年05月03日
Soul / R&B(80年代) 2
先日他界したPrinceの1984年作『Purple Rain』。
プリンスが主演した同名映画のサウンド・トラックである。
Prince and the Revolution / Purple Rain (1984年)
自分はPrinceの作品をこのアルバムだけ持っている。

このアルバムをリアルタイムに聴いた時、まだ高校生だった。
「When Doves Cry」のダークで妖艶な映像は、ハード・ロック好き少年だった当時の自分が理解するにはハードルが高すぎた。
ロマンティックでストレートな「Purple Rain」の方が、当時は共感できた。

『ベスト・ヒットUSA』をはじめ、あちこちの音楽番組でPrinceの特集を組んでいるが、妖艶でダークな感じがもの凄くいい。
今になって、そう思うのである。
洋楽好きとしては、結構反省している。

Amazonで他のアルバムを8枚ほど注文したがどれも入荷待ち。
自分のような、「ようやく共感したような派」を含め、皆こぞって注文しているのだろう。
1ヶ月ぐらいは待たされるんじゃないかと思う。

さて、このアルバムはプリンスが初めてチャートの1位を制したアルバムであり、グラミー賞も受賞した。
シングル・チャートでは「When Doves Cry」、「Let's Go Crazy」が1位、「Purple Rain」が2位、「I Would Die 4 U」が8位を獲得。

プリンスの代表作として挙げて間違いはないだろうが、今は他のアルバムも聴きたい。
破天荒な印象だが、音楽に対してはとてもストイックに、真面目に取り組んだ人のようである。

ナイーブな一面もあるのだろう。
Sinéad O'Connorが歌って大ヒットした「Nothing Compares 2 U」はプリンスが書いた曲。
この曲の歌詞はナイーブな感性がないと書けない。

私の大好きなこの曲を、プリンスに捧げたいと思う。

●収録曲
1. Let's Go Crazy - 4:39
2. Take Me with U - 3:54
3. The Beautiful Ones - 5:13
4. Computer Blue - 3:59
5. Darling Nikki - 4:14
6. When Doves Cry - 5:54
7. I Would Die 4 U - 2:49
8. Baby I'm a Star - 4:24
9. Purple Rain - 8:41


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

水津 浩志

確か数日前がプリンスの命日でしたよね。
今でも企画盤がリリースされてるみたいで、人気の高さがわかります。
ちなみに、このパープルレインのアナログには
シークレットトラックが入ってるんですよ

リアルタイムでは知らなかったんですが、
プリンスが亡くなる数日前に
知り合いがアルバムを貸してくれて聞いたんですが、
その内容が天国に召される様な内容だったので
めっちゃびっくりしました

ちなみに僕も当時はハードロック
特にLAメタルが好きでした

2020年04月25日 (土) 04:46
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: タイトルなし

水津 浩志さん、コメントありがとうございます。

プリンスの命日、4月21日でしたね。『パープルレイン』のシークレットトラックのことは知りませんでした。水津さんのブログでも紹介されてますね。「Darling Nikki」の最後の部分を逆再生すると聴こえるとか。

1984年はハードロック/メタルの勢いが凄かったですね。Van Halenは『1984』を出しましたし、Rattの『情欲の炎』とか、W.A.S.P. 、Dokkenなど、聴きまくってました~。

2020年04月26日 (日) 07:23