音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Barbra Streisandの1980年のアルバム『Guilty』。
Barbra Streisand / Guilty (1980年)
Barbra Streisandはニューヨーク生まれの歌手であり女優。女優としては、初演となる1968年の『Funny Girl』でアカデミー主演女優賞を受賞したのを皮切りに、73年の『The Way We Were / 追憶』、76年の『A Star Is Born / スター誕生』(アカデミー歌曲賞を受賞)など、これまでに20本ほどに出演している。歌手としてのキャリアはそれより古く、63年のファースト・アルバム『The Barbra Streisand Album』から現在に至るまで、スタジオ・アルバムだけで30作以上を制作している。

本作は、Barbra StreisandがBee GeesのBarry Gibbと共演したアルバム。
フロント・カヴァーで彼女を抱きしめるイケメンがBarry Gibbだ。Barry Gilbbは本作のプロデュースを担当したほか、共作も含めて全ての曲作りを手掛けた。またシンガーとしても、「Guilty」「What Kind of Fool / 別離(わかれ)」の2曲を彼女とデュエットし、つややかな歌声を披露している。

フロント・カヴァーの二人の雰囲気そのままの甘くロマンティックなアルバムで、その点はCarole Bayer Sagerの翌年の名作『Sometimes Late At Night / 真夜中にくちづけ』と双璧をなす。コーヒーに角砂糖を2つ入れて飲むような甘さがあるが、後味は心地よい。それだけ曲が優れており、サウンドに品がある。

軽やかなグルーヴの「Guilty」、憂いのあるメロディが素晴らしい「Woman in Love」「Run Wild」、ディスコ調の「Promises / 恋のプロミス」、しっとりしたバラードの「The Love Inside」「別離(わかれ)」など、とにかく曲が良い。

Barry Gibbが一人で書いた曲は「The Love Inside」のみで、残りはBee Geesの3人(Barry, Robin & Maurice)による共作が1曲(1)、Robinとの共作が4曲(2, 3, 4, 7)、協同プロデューサーのAlbhy Galutenとの共作が3曲(6, 8, 9)となっている。Bee Geesの貢献は大きく、彼ら特有の美しいファルセットも随所で聴こえてきて、さながら "Bee Gees feat. Barbra Streisand" のような趣きがある。

ファースト・シングルの「Woman in Love」はBillboard Hot 100チャートの1位を獲得。続く「Guilty」は3位、「What Kind of Fool」も10位にチャート・インし、アルバムもBillboard 200チャートの1位を獲得。彼女最大のヒット・アルバムとなった。また「Guilty」は、1981年のグラミー賞において「Best Pop Vocal Performance - Duo or Group」を受賞している。

Barbra Streisandはかなりの高音域で歌う。声にハスキーなところがないので、時おり金属的に聴こえることもあるが、繊細で美しいビブラートがそれを補っている。とても個性的な歌声だと思う。

●収録曲
1. Guilty (Duet with Barry Gibb) - 4:23
2. Woman in Love - 3:49
3. Run Wild - 4:06
4. Promises / 恋のプロミス - 4:20
5. The Love Inside - 5:08
6. What Kind of Fool (Duet with Barry Gibb) / 別離(わかれ) - 4:06
7. Life Story - 4:38
8. Never Give Up - 3:44
9. Make It Like a Memory / 想い出のように - 7:28


◆プロデュース: Barry Gibb(vo, g), Albhy Galuten(sy), Karl Richardson

◆参加ミュージシャン: Cornell Dupree/Lee Ritenour/Pete Carr/George Terry(g), Richard Tee/George Bitzer(k), Harold Cowart/David Hungate(b), Steve Gadd(ds), Joe Lala(per), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/10 18:05 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
この方の一番の思い出曲は、ロバート・レッドフォード様と共演した70年代の名作映画「追憶」(The Way We Were)のテーマ曲と「スター誕生・愛のテーマ」(1976)でした。そしてニールダイアモンドとの共演「ウーマインラブ」やバリーギブとのコラボ「ギルティ」が全米No.1に輝いた特は、バーブラ人気のウエーブに再び驚いたものです。歌手・女優・作曲家・映画監督も一挙同時にこなして絶頂人気を誇っており、まさに天からニ物・三物を与えられたスーパーウーマンという存在でしたね。
2017/05/20 07:20 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

本当にスーパーウーマンですよね~。とても精力的に活動する強い女性という印象があります。結婚も二度しているし、恋の噂も多いですね。私も映画『追憶』で女優のBarbra Streisandを(後追いで)見ましたが、どちらかというと歌手のBarbraの方が私の好みです。^^
2017/05/20 11:38 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/345-2c8a521b
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp