音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Michael Sembelloの1983年のアルバム『Bossa Nova Hotel』。
Michael Sembello / Bossa Nova Hotel (1983年)
Michael Sembelloはセッション・プレイヤーやソングライターとして70年代中盤から活動する多才なミュージシャン。Stevie Wonderの74年のアルバム『Fulfillingness' First Finale』や76年の『Songs in the Key of Life』などの名盤にギタリストやソングライターとして貢献した他、様々なジャンルのアーティストの活動をサポートしている。

ソロ・アルバムは5枚ほどを制作しており、本作は彼のデビュー・アルバム。
同年に公開された映画『Flashdance』で使われ、Billboard Hot 100チャートの1位を記録した「Maniac」が収録されている。

本作のプロデュースは、Billy JoelやPaul Simonのアルバムのプロデュースで知られるPhil Ramoneが担当した。全ての曲作りをMichael Sembelloが手掛けているが、一部ではDavid Batteauや弟のDanny Sembello等と共作している。

Michael Sembelloは器用なマルチ・プレイヤーであり、本作ではギターを中心に複数の楽器を担当した。歌の力量もかなりのもので、全曲でハリのある魅力的な歌声を披露している。ちなみに弟のDannyは兄より9歳も年下。兄と同じくマルチ・プレイヤー兼ソングライターとして活動しており、本作ではキーボードを担当した。

大ヒットした「Maniac」がそうだが、憂いのある優れたメロディがこの人の作る曲の魅力。ほのかに感じられる異国的な情緒も良い。「First Time」「It's Over」「Talk」「Lay Back」などのスロー系はもとより、ポップでダンサブルな曲にもメロディが陰りを帯びる瞬間があり、そこに惹かれる。

「Maniac」の他には、ポップな「Automatic Man」がチャートの34位をマーク。また、Cruz Sembelloとデュエットしたバラードの「Talk」もACチャートの37位に到達した。Michaelは同年のMarilyn Scottのアルバム『Without Warning!』をプロデュースしており、そこでは「First Time」がカヴァーされている。

Michael Sembelloは『Flashdance』以外にも映画のサントラ向けに曲を書いていて、代表的なところでは、『Gremlins』(84年)、『Cocoon』(85年)、『Independence Day』(96年)などがある。本作に「Godzilla」や「Superman」という曲があるのも、彼のそうした指向の表れだろう。

●収録曲
1. Automatic Man - 4:13
2. First Time - 3:04
3. Cowboy - 3:35
4. It's Over - 4:56
5. Maniac - 4:18
6. Godzilla - 3:50
7. Talk - 3:26
8. Cadillac - 4:11
9. Lay Back - 4:02
10. Superman - 4:36


◆プロデュース: Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Michael Sembello(vo, g, k, b, string ar), Cruz Baca Sembello(vo), Danny Sembello(k, bv), George Duke/Don Freeman/Dennis Matkosky(k), Nathan Watts(b), Carlos Vega/Vinnie Colaiuta(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Lieza Miller(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/15 16:36 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/352-0524ac87
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター