音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Brenda Russellの1983年のアルバム『Two Eyes / 出逢いのときめき』。
Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) (1983年)
Brenda Russellはニューヨーク生まれの才能溢れるシンガー・ソングライター。本作は寡作な彼女のサード・アルバムである。ジャケットからはR&B/ソウルを深く味わう作品という印象を受けるが、内容の方はエレガントな曲/サウンドと彼女のしなやかな歌声を楽しむ爽やかなAORだ。

プロデューサーをTommy LiPuma、レコーディング/ミキシングをAl Schmittが担当し、サウンドはとても磨かれている。二人の手がけるアルバムに外れはないという名コンビだが、このアルバムも期待を裏切らない。

全曲がBrenda Russellのオリジナルで、4曲(1-3, 5)を大御所と共作。軽やかなグルーヴが心地よい「I Want Love To Find Me」はBill LaBountyと、しなやかでエレガントな「It's Something」はDavid Fosterと、小粋なシティ・ソウルの「Hello People」はMichael McDonaldと、落ち着いたバラードの「Stay Close」はDon Grusinとの共作だ。「It's Something」は、Leslie Smithが82年のアルバム『Heartache』で歌っている。

彼女のしなやかなヴォーカルは曲を選ばない。「Stay Close」のようなバラードも、「Jarreau」のようなジャジーなナンバーも器用に歌いこなす。ビブラートをあまり使わずにさらっと歌うので、爽やかな後味だ。「Jarreau」では、Al Jarreauのようなパーカッシヴ・ヴォイスも少しだけ披露している。

「I'll See You Again」の印象的なハーモニカはStevie Wonder。ラストの「Look Down, Young Soldier」では、バック・ヴォーカルにAl Jarreau, Christopher Cross, David Lasley, Donny Gerrard, James Ingram, Joe Esposito, Leon Ware, Patrice Rushen, Pattie Brooks, Randy Crawford, Rita Coolidgeという錚々たる名前が並ぶ。

参加ミュージシャンが凄く豪華だが、彼女の書く曲の良さがそれに負けていないところが素晴らしい。

●収録曲
1. I Want Love To Find Me / 出逢いのときめき - 3:02
2. It's Something / 愛のサムシング - 3:31
3. Hello People - 3:24
4. Two Eyes - 3:16
5. Stay Close / あなたのそばに - 4:25
6. Jarreau - 3:13
7. New York Bars - 4:04
8. I'll See You Again / 愛は時をこえ - 4:20
9. Look Down, Young Soldier - 4:40


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: David Williams/Dean Parks/Caleb Quaye(g), David Foster/Michael McDonald/Bill LaBounty/Robbie Buchanan/Leon Pendarvis/James Newton Howard/Don Grusin(k), Nathan East(b), John Robinson(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Larry Williams(sax), Stevie Wonder(harmonica), Al Jarreau/Christopher Cross/Patrice Rushen/Leon Ware/James Ingram(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/10/16 15:08 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/358-76e83c02
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター