洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Amy Holland / Amy Holland (エイミー) (1980年) - アルバム・レビュー

2017年05月18日
AOR名盤(1980年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Amy Hollandの1980年のアルバム『Amy Holland / エイミー』の紹介です。
Amy Holland / Amy Holland (1980年)
Amy Hollandはニューヨーク生まれの女性ポップ/ロック・シンガー。Michael McDonaldの奥様として知られており、83年に結婚して二人の子供を授かり、今も結婚生活を続けている。

彼女はセッション・シンガーや楽曲提供などで他のアーティストの活動をサポートする傍ら、自身のアルバムも制作しており、数は少ないがこれまでに4作品をリリースしている。

本作はデビュー・アルバムで、後の夫となるMichael McDonaldがプロデュースを担当した。Michael McDonaldは83年のセカンド・アルバム『』もプロデュースし、その年に二人は結婚。その後しばらくアルバム制作から離れるが、2012年に3作目となる『』を、2016年には最新作の『』をリリースしている。

本作では、Michael McDonaldがプロデュースの他にバック・ヴォーカルやキーボードを担当し、曲も「Here in the Light」と「Show Me the Way Home」の2曲を提供。全面的にアルバム制作を支えており、こうした献身的なサポートが結婚に繋がったのだろう。

彼のソウルフルでふくよかな歌声と独特の洗練されたグルーヴを随所に聴くことができるので、ほとんどの曲がMichael McDonaldの提供曲のように聴こえるが、実はカヴァー曲が中心。

主なカヴァー曲の原曲の収録アルバムは次のとおり。
○「How Do I Survive」:『Neon Smiles』(The Bliss Band, 79年)
○「Strengthen My Love」:『』(Tim Moore, 77年)
○「Stars」:『』(Dan Fogelberg, 72年)
○「I'm Wondering」:『Looking Back』(Stevie Wonder, 77年 ※コンピレーション)
○「Looking For Love」:『Winged Horses』(Matthew Moore, 78年)
○「Holding on to You」:『Rainmaker』(Kevin Moore, 80年)

このうち、英国の職人ソングライターであるPaul Blissの書いた名曲「How Do I Survive」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの22位をマークした。

また、「Don't Kid Yourself」はAmy Hollandの作。憂いを含んだメロディとMcDonald作法の洗練されたグルーヴを持つ素晴らしい曲だ。

Amy Hollandの一番の魅力はその歌声にある。少女のような可憐さと純朴さを残しながら、大人の女性の包容力と芯の強さを備えている。Norman Seeffの撮影したフロント・カヴァーは、その微妙な内面を上手く捉えているように思う。

●収録曲
1. How Do I Survive - 4:00
2. Strengthen My Love - 3:58
3. Here in the Light - 3:56
4. Stars - 4:11
5. Don't Kid Yourself - 3:48
6. I'm Wondering - 3:01
7. Looking for Love - 3:37
8. Holding on to You - 3:46
9. Show Me the Way Home - 3:36
10. Forgetting You - 2:33


◆プロデュース: Michael McDonald(k, bv), Patrick Henderson(k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith/John McFee(g), Bill Payne(sy), John Pierce/Mike Porcaro(b), Mike Baird/Michael Hossack(ds), Lenny Castro(per), Chet McCracken(vib), Tom Scott/Cornelius Bumpus(sax), Norton Buffalo(harmonica), Wendy Waldman/Maureen McDonald(bv), Nick DeCaro(string ar), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません