洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

AORの楽しみ方

2016年05月23日
AORその他 2
このブログでは、気の向くままにお薦めのアルバムの感想を綴っている。
ジャンル的には今のところAORが多い。
Ned Doheny / Hard Candy (1976年)
私がAORを好んで聴くようになったのは90年代の終わりからだ。
きっかけは、金澤寿和氏のディスク・ガイド『』との出会いである。

仕事の疲れから、日々聴く音楽に癒しを求めていたし、年齢的なものもあったと思う。

そんな時に、この本と出合った。
ハード・ロックやプログレ、ジャズ・ロックなど、サウンド的にも内容的にも重たいものを好んで聴いていたが、それからはAORをレパートリーに加えた。

AORの聴き方としては、名盤と言われるアルバムを幅広く聴くのがお薦め。
特定のアーティストに絞って聴く方法もあるが、飽きるのではないかと思う。

ディスク・ガイドを参考に、少しずつアーティストやアルバムを開拓する楽しみは格別である。
まさに出会いの楽しみ。

金澤寿和氏の著書は、初版では250アーティストの代表作を1枚ずつ紹介しており、増補改訂版では291アーティストに増えている。
残念ながらいずれも絶版だが、『AORの名盤 330選』のようなフォロワー・サイトがある。

年代順に聴くのも楽しいし、ジャケ買いも有り。
プロデューサーや参加ミュージシャンを目当てにするのも良い。
もちろん、このブログが物色の参考になるのであれば、とても嬉しい。

私自身もAORのCDを収集している。
AORのCDは流通量が少ないことが多く、店舗ではお目にかかれないアルバムが多い。
自ずとネットでの物色が中心となり、Amazonやネット・オークションを活用した。

291アーティストのうち、残りは30アーティストぐらい。
まだ先は長い。


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

koolhand

まさかの

2ちゃんからたどり着きました(笑)
AORにベストヒットUSAと、アンテナが同じだと
思わず嬉しくなりました。
ガイド本も残り収集が31アーティストとは素晴らしいですね。
これからもブログ楽しみにしています!

2016年06月13日 (月) 23:02

Warm Breeze

Re: まさかの

> 2ちゃんからたどり着きました(笑)
> AORにベストヒットUSAと、アンテナが同じだと
> 思わず嬉しくなりました。
> ガイド本も残り収集が31アーティストとは素晴らしいですね。
> これからもブログ楽しみにしています!

どうもありがとうございます。
こちらこそ、宜しくお願いします!

今年はBoz Scaggsの『Silk Degrees』発売40周年だそうで、ソニー・ミュージックからAORのCDが50タイトルずつ7月と8月に再発されますね。
コレクションが増やせるので、今から楽しみです。

2016年06月13日 (月) 23:50