音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Hall & Oatesの1981年作『Private Eyes』。

モダン・ポップなどと呼ばれたが、今聴いても十分にモダンでキャッチーである。

Hall & Oatesは、音楽や曲作りをとても熱心に、ラディカルに探究したグループだと思う。
70年代の初めから活動しており、「She's Gone」、「Sara Smile」、「Rich Girl」などの70'sヒットを生むが、ただのブルーアイド・ソウル・デュオでは終わらなかった。

新進気鋭のプロデューサーと仕事をしており、1974年の『War Babies』はTodd Rundgren、1978年の『Along the Red Ledge / 赤い断層』と1979年の『X-Static / モダン・ポップ』はDavid Fosterのプロデュースである。
また、Daryl Hallの1980年のファースト・ソロ・アルバム『Sacred Songs』のプロデューサーは、何とKing CrimsonのRobert Frippだ。

才人達から影響を受け、様々なことを吸収・消化したに違いない。
そうした熱心な取り組みが80年代に開花した。

セルフ・プロデュースにより大成功したのが前作『Voices / モダン・ヴォイス』(1981年)で、洗練されたポップ・ソング「Kiss on My List」がビルボードのHot 100チャートの1位になった。

この『Private Eyes』もセルフ・プロデュース。
「Private Eyes」と「I Can't Go for That (No Can Do)」という2曲のNo.1ヒットを生んだ。
続く「Did It in a Minute」も9位を記録する。

キャッチーな曲の作り方を十分に心得ていたようで、このあと1984年まで、出すシングル曲が全てTop10ヒットとなった。

Eaglesが「New Kid In Town」で歌った "ニュー・キッド" はHall & Oatesのことだ。
彼らの野心や熱心な取り組みを分かっており、いずれビック・ネームに成長すると見抜いていたのだろう。

●収録曲
1. Private Eyes – 3:39
2. Looking for a Good Sign – 3:57
3. I Can't Go for That (No Can Do) – 5:09
4. Mano a Mano – 3:56
5. Did It in a Minute – 3:39
6. Head Above Water – 3:36
7. Tell Me What You Want – 3:51
8. Friday Let Me Down – 3:35
9. Unguarded Minute – 4:10
10. Your Imagination – 3:34
11. Some Men – 4:15


◆プロデュース: Daryl Hall, John Oates, Neil Kernon

◆参加ミュージシャン: Daryl Hall(vo, k, sy), John Oates(g, vo, k), Mickey Curry/Jerry Marotta/Chuck Burgi(ds), Jimmy Maelen(per), Charles DeChant(sax), Larry Fast(sy), John Siegler(b), G.E. Smith/Ray Gomez/Jeff Southworth(g), John Jarett(bv)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/05/30 19:06 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/368-dabebda7
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター