音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Randy Meisnerの1980年のアルバム『One More Song』。
Randy Meisner / One More Song (1980年)
Randy MeisnerはEaglesの元ベーシスト。1971年のバンド創設時のメンバーであり、76年の代表作『』まで在籍した。Eaglesの75年のアルバム『One of These Nights / 呪われた夜』からのヒット曲「Take It to the Limit」(米4位)や、『Hotel California』収録の名曲「Try and Love Again」などはRandy Meisnerの作で、高音の少しクセのある声でリード・ヴォーカルも担当している。

Eagles結成前は、同じカリフォルニアのバンドであるPocoに在籍し、バンドの創設からファースト・アルバムの制作までベーシストを担当した。なお、Meisnerの後任としてTimothy B. SchmitがPocoに加入するが、後にMeisnerがEaglesを脱退した際の後任も、やはりTimothy B. Schmitが務めている。不思議な縁である。

本作は、Eagles脱退後の2枚目のソロ・アルバム。Eaglesの平和で穏やかな側面にだけ光を当てたような、温かいウェストコースト・ロックを聴くことができる。ちょうどEaglesの解散する年にあたるが、Don HenleyとGlenn Freyも参加し、タイトル曲「One More Song」のバック・ヴォーカルを担当した。

ラストの「Anyway Bye Bye」はPocoのカヴァーであるが、それ以外は、Meisner, Eric Kaz, Wendy Waldmanの共作が4曲(2, 3, 5, 7)、Meisner, Kazの共作が2曲(1, 4)、Jack Tempchinの作が2曲(6, 8)となっている。

Kazと共作した「Deep Inside My Heart」と「Hearts on Fire」は共にアップテンポの明るいナンバー。シングル・カットされ、Billboard Pop Singlesチャートの各々22位、19位をマークした。「Deep Inside My Heart」では、Kim Carnesがバック・ヴォーカルを担当している。

ラストの「Anyway Bye Bye」は、Meisnerがほろ苦く歌うスロー・バラード。Pocoのセカンド・アルバム『』(70年)に収録された名曲で、Pocoの原曲は7分もあるが、ここではコンパクトにまとめている。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。ちなみに、このアルバムの元気なバック・バンドの名前はSilverados。Silverado(シルヴァラード)という名前の由来は知らないが、81年に設立されたアメリカのワイナリーの名前でもある。Randy Meisnerが育んだ豊かな "Spirit" を味わえるアルバムだ。

●収録曲
1. Hearts on Fire - 2:48
2. Gotta Get Away - 4:03
3. Come on Back to Me - 3:51
4. Deep Inside My Heart - 3:29
5. I Need You Bad - 3:11
6. One More Song - 3:55
7. Trouble Ahead - 4:12
8. White Shoes - 4:11
9. Anyway Bye Bye - 4:30


◆プロデュース: Val Garay

◆参加ミュージシャン: Wendy Waldman(ag, bv), Craig Hull(g), Bill Cuomo/Sterling Smith(k), Bryan Garofalo(b), Craig Krampf(ds), Don Francisco(per, bv), Michael Jacobsen(sax), Don Henley/Glenn Frey/Kim Carnes(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/25 10:15 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/370-4d763ade
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター