音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Engelbert Humperdinckの1981年のアルバム『Don't You Love Me Anymore ? / この熱き腕の中に』。
Engelbert Humperdinck / Don't You Love Me Anymore? (この熱き腕の中に) (1981年)
Engelbert Humperdinck(エンゲルベルト・フンパーディンク)はイギリスのポップス・シンガー(生まれはインド)。バラード・ナンバーを得意としており、甘いルックスということもあって、"King Of Romance" と呼ばれるほどの人気を得ていた。

アルバム・デビューは1967年で、これまでに多くのアルバムとシングルを出している。この『Don't You Love Me Anymore?』は、AORテイストのアルバム。Nick DeCaroとGary Kleinがプロデュースを担当しており、Nick DeCaroの得意とする美しいストリング・アレンジも随所で光る。バラード主体の選曲だが、上品にアレンジされており、甘すぎないところがいい。

タイトル曲の「Don't You Love Me Anymore?」は、Bruce RobertsとCarole Bayer Sagerの共作曲。優しくて、どこか懐かしさのあるメロディに安らぐ。ミュージシャンのクレジットを見ると、David Foster(k), Jay Graydon(g), Jeff Porcaro(ds), Richard Page(bv), …と、ものすごく豪華だ。Debby Booneも78年のアルバム『Midstream』で、この曲を歌っている。

「I Don't Break Easily」もBruce Robertsの曲だ。この曲は、Bruce Robertsの77年のデビュー作『Bruce Roberts』からのセレクト。寂しげなメロディの曲だけど、ストリングスとJay Graydonのギターが優しい。

「Stay Away」はKim Carnesの作で、彼女の79年のアルバム『St Vincent's Court』からの選曲。「When the Night Ends」と「Say Goodnight」の2曲はGary Portnoyの唯一のアルバム『』(80年)の収録曲。こうしたシンプルで、親しみやすいメロディの曲をカヴァーしている。

Henry Gaffneyの書いたバラード「Maybe This Time」もいい。ゆったりとしたストリングスをバックに、Engelbert Humperdinckが雄大に歌う。やはり、オーソドックスなスタイルの曲を歌うと様になる。

カントリー調の「Baby Me Baby」ですら、リズム・アレンジはJay Graydon。曲ごとのミュージシャンのクレジットを見ると飽きない。日本ではソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから初CD化されているが、83年の同じくAORテイストのアルバム『You and Your Lover』とカップリングした『』もあって、おすすめだ。

●収録曲
1. Don't You Love Me Anymore? / この熱き腕の中に - 2:47
2. Stay Away - 3:09
3. When The Night Ends / 夜が終わりを告げる時 - 4:01
4. I Don't Break Easily / 君去りしあとに - 3:28
5. Say Goodnight - 3:38
6. Maybe This Time - 3:18
7. Baby Me Baby - 3:14
8. Heart Don't Fail Me Now / 移りゆく愛の季節 - 2:21
9. Come Spend The Morning / 二人で朝を - 2:26
10. Till I Get It Right - 2:27


◆プロデュース: Nick DeCaro(string ar), Gary Klein

◆参加ミュージシャン: David Foster(k), Jay Graydon(g), David Hungate(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Richard Page/Steve George/Tom Kelly(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/06/10 19:02 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/379-becefc88
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ