音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Dionne Warwickの1982年のアルバム『Friends In Love』。
Dionne Warwick / Friends In Love (1982年)
Dionne Warwickは60年代始めから活動しているアメリカの女性シンガー。Whitney Houstonの従姉妹としても知られている。相当な数のスタジオ・アルバムを制作しており、1年に2作以上をリリースすることも少なくない。

本作は当時勢いのあったJay Graydonのプロデュース作品。この年も2枚のアルバムを出しており、4月発売の本作に続いて、9月にはBee GeesのBarry Gibb等のプロデュースによる『Heartbreaker』が発売された。クオリティは甲乙付けがたいが、間が5ヶ月しかないこともあり、セールス面では本作が『Heartbreaker』に食われてしまった。

1曲目の「For You」は、Graydon, Richard Page, John Bettisによる共作。爽やかで甘いメロディ、ソフトで軽やかなビート、きらきらしたサウンドの質感、Pagesによる美しいコーラス。Graydonらしい完璧なAORナンバーだ。

タイトル曲の「Friends in Love」は、Johnny Mathisとデュエットしたゴージャスなバラード。この曲はGraydon, David Foster, Bill Champlinによる共作。EW&Fの名バラード「After the Love Has Gone」(79年, 米2位)を書いた黄金チームである。Johnny Mathisとは、メロウなミディアム・チューン「Got You Where I Want You / 二人の定め」もデュエットしている。

「Never Gonna Let You Go」は、Barry MannとCynthia Weilの共作。翌年のSergio Mendesのアルバム『Sergio Mendes』に収録され、Billboard Hot 100チャートの4位を記録するヒットとなった。

「Can't Hide Love」はEW&Fの75年のアルバム『』に収録されたヒット曲。キメキメのホーン・セクションがカッコいい。AORファンに人気のあるところでは、FosterプロデュースのJaye P. Morganの77年の名盤『Jaye P. Morgan』にも収録されている。

ポップなメロディの「More Than Fascination」はTom Snowの作。Melissa Manchesterが翌年のアルバム『Emergency』で、「I Don't Care What People Say」というタイトルでこの曲を歌っている。

「With a Touch」はStevie Wonderの作。優しいメロディをDionneが伸びやかに歌っている。3年後にDionne, Stevie, Elton John, Gladys Knightの4人が "Dionne & Friends" 名義で共演し、「That's What Friends Are For / 愛のハーモニー」を大ヒットさせるが、その始まりは案外この曲あたりかも知れない。

●収録曲
1. For You - 4:55
2. Friends in Love - 4:02
3. Never Gonna Let You Go / もう、はなれない - 4:50
4. Can't Hide Love - 4:50
5. Betcha by Golly Wow / ゴーリー・ワウ - 3:28
6. More Than Fascination - 4:02
7. Got You Where I Want You / 二人の定め - 3:38
8. With a Touch - 4:40
9. What Is This - 3:58
10. A Love So Right - 3:55


◆プロデュース: Jay Graydon(g, sy, ar)

◆参加ミュージシャン: Johnny Mathis(vo), Steve Lukather/Michael Landau/Larry Carlton(g), Dean Parks(ag), Stevie Wonder(p), David Foster/Michael Omartian/Steve Porcaro/Robbie Buchanan(k), Steve George(k, bv), Abraham Laboriel/Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro/Steve Gadd/Mike Baird(ds), Victor Feldman(per), Bill Champlin/Richard Page(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/08 15:55 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/382-d232b688
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター