音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Airplayの1980年のアルバム『Airplay / ロマンティック』。
Airplay / Airplay (ロマンティック) (1981年)
AirplayはJay Graydon(g, vo)、David Foster(k)、Tommy Funderburk(vo)の3人が組んだ名グループ。セッション・プレイヤー、ソングライター、アレンジャー、プロデューサーと、マルチな才能を次々に開花して名声を上げていたGraydonとFosterが意気投合し、そこに強力なハイトーン・ヴォイスを駆使するTommy Funderburkを加えてAirplayが始動した。

本作はAirplayの唯一のアルバム。GraydonとFosterというシーンを牽引する二人の才能が組んだこと、ワン&オンリーの作品であることから、AORシーンでは別格あるいは金字塔的作品として扱われている。

プロデュースをGraydonとFosterが担当し、収録曲も全て彼らの作。共作者をSteve KipnerやAllee Willisといった優秀なライターで固めており、曲のクオリティが高い。

リード・ヴォーカルはFunderburkとGraydonで分け合い、Graydonが4曲(2, 4, 5, 9)を担当している。Graydonの歌声はマイルドかつ爽やかで、歌い方もとても器用だ。

シングルには「Should We Carry On」、「Nothin' You Can Do About It / 貴方には何も出来ない」、日本では「She Waits For Me / 彼女はウェイト・フォー・ミー」が選ばれたがヒットには至らなかった。Graydonのリード・ヴォーカル曲が選ばれていることから、Graydonがグループの中心であることが分かる。

「貴方には何も出来ない」はGraydonが前年にプロデュースしたThe Manhattan Transferのアルバム『Extensions』の収録曲。Leslie Smithも82年のアルバム『Heartache』でこの曲をカヴァーしている。また、ラストの「After The Love Is Gone」はEW&Fの79年の大ヒット曲(全米2位)のセルフ・カヴァーだ。

他の曲も様々なアーティストにカヴァーされており、主なカヴァー・バージョンの収録アルバムは次のとおり。
「Stranded」:『Little Darlin'』(Sheila, 81年)
「It Will Be Alright」:『』(Odyssey, 81年)、『』(Dan Seals, 82年)
「Should We Carry On」:『Changing Tides』(Nigel Olsson, 80年)

演奏陣をTOTOのメンバーを軸に厳選し、バック・ヴォーカリストもBill ChamplinやTom Kellyなどの実力派で固め、精鋭によるレベルの高い演奏を聴かせる。沖縄の海沿いのドライヴでこのCDを聴いたことがあるが、強烈な陽射しの下、真っ青な空と海をバックに「Stranded」が流れ出したとき、とても爽快だった。

●収録曲
1. Stranded - 4:28
2. Cryin' All Night - 4:47
3. It Will Be Alright - 4:00
4. Nothin' You Can Do About It / 貴方には何も出来ない - 4:42
5. Should We Carry On - 3:47
6. Leave Me Alone - 4:35
7. Sweet Body - 4:40
8. Bix - 4:15
9. She Waits For Me / 彼女はウェイト・フォー・ミー - 3:41
10. After The Love Is Gone - 4:29


◆プロデュース: Jay Graydon, David Foster

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g, vo, ar), David Foster(k, bv, ar), Tommy Funderburk(vo)
with Steve Lukather/Ray Parker Jr.(g), Steve Porcaro/Pete Robinson(sy), David Hungate(b), Jeff Porcaro/Mike Baird(ds), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Tom Kelly/Max Gronenthal(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/16 16:21 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/388-b5a8a50d
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター