音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Paul Davisの1980年のアルバム『Paul Davis / パステル・メッセージ』。
Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) (1980年)
Paul Davisは70年代から80年代中盤にかけてアメリカのカントリー~ポップス・シーンで活躍したシンガー・ソングライター。1970年にアルバム・デビューし、81年までの約10年間に7枚のアルバムを制作。80年代中盤を過ぎると早々と音楽活動から引退し、2008年に60歳という若さでこの世を去った。

本作はPaul Davisの6作目。「I Go Crazy」が大ヒットした1977年のアルバム『Singer of Songs: Teller of Tales / アイ・ゴー・クレイジー』と、タイトル曲が大ヒットした81年のアルバム『Cool Night』の狭間にあってセールス的には地味な印象があるが、Paul Davisらしいポップで爽やかなAORを満喫できるアルバム。

セルフ・タイトルのアルバムである点や自身を写したシンプルなジャケットからは、等身大の自分を表現しようとする姿勢が窺える。タレントのオダギリジョーさんに風貌が似ているんだよなぁ…

「Do Right」は甘酸っぱさと切なさが絶妙にブレンドしたPaul Davisらしいポップ・ソングで、このアルバムの爽やかさを印象づける名曲。「パステル・メッセージ」というAORらしい邦題は、そのままアルバム・タイトルに使われた。この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの23位を記録している。

セカンド・シングルには2曲目の優しさ溢れるバラード「Cry Just A Little」が選ばれたがチャートの78位どまり。大きなヒットにはならなかった。

全曲がPaul Davisのオリジナルで、ラストの3曲は共作。「Do You Believe In Love」はPeabo Brysonとの共作で、「So True / 真実」と「When Everything Else Is Gone / すべてを投げ出して」はWill Boulwareとの共作である。

Peabo Brysonはソウル/R&Bシーンの名シンガー。Roberta Flackとデュエットした83年のヒット曲「」(米16位)などが知られているが、ポップで爽やかな「Do You Believe In Love」にほのかなR&Bの香りがするのはPeabo Brysonの貢献だろう。

●収録曲
1. Do Right / パステル・メッセージ - 4:05
2. Cry Just A Little - 3:42
3. He Sang Our Love Songs / 色あせし恋 - 4:18
4. All The Way - 4:46
5. Too Slow To Disco - 4:32
6. Let Me Know If It's Over / 失意の中で - 3:21
7. Do You Believe In Love - 3:54
8. So True / 真実 - 3:25
9. When Everything Else Is Gone / すべてを投げ出して - 5:02


◆プロデュース: Paul Davis(vo, k, vibes, ar), Ed Seay(ar, g, b, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Kenny Mims(g), Will Boulware(k, bv), Don Barrett(b), James Stroud(ds, per, bv), Nigel Olsson/Marilyn Scott(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/11 15:04 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/393-aa1553f4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター