音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

TOTOの1986年のアルバム『Fahrenheit』。
TOTO / Fahrenheit (1986年)
本作はTOTOの6枚目のアルバム。このアルバムから、現ヴォーカリストのJoseph Williamsが加入した。Josephは映画音楽の作曲家であるJohn Williamsの息子。TOTOの主要メンバーとは地元の仲間どうしである。

元TrillionのFergie Frederiksenがリード・ヴォーカルを担当した前作『』はロック色の強い作品であったが、本作はAOR路線に回帰。サウンドの変化はJoseph Williamsの加入による影響が大きいと思われる。

Josephは収録曲の半分(1, 2, 4, 6, 8)の曲作りを手がけた。また、Lukatherがリード・ヴォーカルを担当した「Without Your Love」と「I'll Be Over You」を除く全曲のリード・ヴォーカルを担当している。

Josephのドライな声質は、肌にまとわりつく湿度を吹き飛ばすような爽快さがある。歌い回しも上手く、TOTOのダイナミックな演奏との相性も抜群。初代ヴォーカリストのBobby Kimballのウェットな声質と対照的で、好みの分かれるところだが、私はどちらかと言うとBobby Kimball派。

雄大なバラードの「I'll Be Over You」はLukatherとRandy Goodrumの共作。Michael McDonaldのバック・ヴォーカルが優しく、美しい。この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの11位を記録した。

ラストのジャズィなナンバー「Don't Stop Me Now」はLukatherとPaichの共作。クールなトランペットはMiles Davisで、TOTOのアルバムにJazz界の巨人が参加したことで話題となった。

TOTOの中期の作品では人気・評価ともに高いアルバム。ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月にCDが再発されており、お薦めだ。

●収録曲
1. Till the End - 5:17
2. We Can Make It Tonight - 4:16
3. Without Your Love - 4:33
4. Can't Stand It Any Longer - 4:40
5. I'll Be Over You - 3:50
6. Fahrenheit - 4:39
7. Somewhere Tonight - 3:46
8. Could This Be Love - 5:14
9. Lea - 4:29
10. Don't Stop Me Now - 3:05


◆プロデュース: TOTO

◆参加ミュージシャン: Joseph Williams(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich(k, bv), Steve Porcaro(sy), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per)
with David Sanborn(sax), Michael McDonald/Fergie Frederiksen/Don Henley(bv), Miles Davis(tp), Lenny Castro/Steve Jordan/Jim Keltner/Joe Porcaro(per), Jerry Hey/Tom Scott/Larry Williams(horns), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/07/18 19:22 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/395-34db50c0
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター