音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Greg Guidryの1982年のアルバム『Over The Line』。
Greg Guidry / Over The Line (1982年)
Greg Guidryはアメリカのシンガー・ソングライター。翳りのある渋いメロディを紡ぐ優れたメロディ・メイカーでもある。Guidry家は音楽ファミリーであり、Gregはその長男。デビュー・アルバムの本作には長女のSandra(Sandy)、二女Susanの夫のDenny Henson、三女のCathy、次男のRandyが参加し、ファミリー総出でバック・ヴォーカルを務めている。

共作も含めて全曲がGreg Guidryの作で、メロディの良さにぐっと心を掴まれるような曲が多い。

特に1曲目の「Goin' Down / ラストタイム・ラヴ」は名曲。Gregの渋い歌声も魅力的で、泣きのメロディにとても良く合う。この曲はファースト・シングルになり、Billboard Hot 100チャートの17位、ACチャートでは11位を記録するヒットとなった。

間奏の情熱的なギター・ソロは、この年にWhite HeartのメンバーとしてデビューするDann Huff。本作は、まだ22歳という若きDann Huffの名演を存分に味わえるアルバムでもある。

「Show Me Your Love」「Gotta Have More Love / 愛の焔」「(I'm) Givin' It Up / 君に別れのくちづけを」「Are You Ready For Love / 待ちこがれて」も、Gregの泣きのメロディが冴える曲。「愛の焔」はClimax Blues Bandの80年のアルバム『』の収録曲(全米47位)のセルフ・カヴァーで、「待ちこがれて」はRobbie Dupreeの81年のアルバム『』に提供した曲だ。

最後の3曲は姉のSandyとの共作。「Into My Love」では二人でデュエットし、Sandyのキュートな歌声がアルバムに華を添える。ラストの「Darlin' It's You」の曲調は、Steely Danの『Aja / 彩(エイジャ)』(77年)に収録された「Josie」を思わせる。最後まで、クールで渋い。

2000年にも『』『』の2枚のアルバムをリリースするが、2003年に49歳の若さで他界した(自死とされている)。きっと、細やかで優しい人柄だったのだろう。

●収録曲
1. Goin' Down / ラストタイム・ラヴ - 3:44
2. (That's) How Long / 愛のメニューを - 3:30
3. Show Me Your Love - 4:11
4. If Love Doesn't Find Us / 午後のためらい - 2:58
5. Gotta Have More Love / 愛の焔 - 3:43
6. Over The Line - 3:00
7. (I'm) Givin' It Up / 君に別れのくちづけを - 3:20
8. Are You Ready For Love / 待ちこがれて - 3:18
9. Into My Love - 3:11
10. Darlin' It's You - 2:39


◆プロデュース: John Ryan, Greg Guidry(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Sandy Guidry(vo), Dann Huff(g), Phil Naish(k), Gabriel Katona(sy), David Hungate/Gary Lunn(b), James Stroud/Mark Hammond(ds), Bobby LaKind(per), David Sanborn(sax), Denny Henson(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/07/03 19:30 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/396-f07330c5
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター