音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larry Leeの1982年のアルバム『Marooned / ロンリー・フリーウェイ』。
Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) (1982年)
Larry Leeは米カントリー・ロック・グループのThe Ozark Mountain Daredevils(O.M.D.)の元メンバー。1972年のバンド結成からドラマーやソングライターとして活躍し、82年にバンドを離れた。O.M.D.の最大のヒットとなった「Jackie Blue」(75年, 米3位)はLarryの手がけた曲だ。

本作はLarry Leeの唯一のソロ・アルバム。カラフルなイラストの爽やかなジャケットは鈴木英人氏によるデザインで、日本盤向けに制作されたもの。夏、若者、ドライヴといったイメージを見事に演出している。オリジナルのジャケットはLarry本人を写したシックなデザインで、季節でいうと秋を感じさせる。
Larry Lee / Marooned (オリジナル・フロント・カヴァー)
音の方はポップで爽やかなAORで、日本盤のジャケットに合う。Larryは6曲(3, 5, 6, 8, 9, 10)を書いており、このうち2曲(9, 10)はO.M.D.で一緒だったSteve Cashとの共作だ。

「Waiting To Let Go」や「Number One Girl / 君はナンバー・ワ ン」の爽やかなメロディは、Paul Davisの作る柑橘系の曲を思わせる。ほど良く甘くてフレッシュなLarryのヴォーカルも魅力的。

ポップで明るい「Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ」は日本盤のタイトルになり、91年の邦画『波の数だけ抱きしめて』にも使われた。

「Only Seventeen」「Just Another Girlfriend」のようなポップ過ぎる曲を聴くと、80年代という感じがする。「Only Seventeen」は英国人ソングライターのAlan Tarneyの作で、女性シンガーのBarbara Dicksonが前年のアルバム『You Know It's Me』で歌った。

ラストの「Hang On」はクール・ダウン用の渋いナンバー。メロディがほろ苦く、エレピの優しい音色とギターの乾いたカッティングが気持ちいい。

本作以降は再びフォーク/カントリー・シーンへと戻ったようで、2000年以降は元O.M.D.のRandle ChowningとBeyond Reachというユニットを組み、2005年、11年、14年にアルバムを出している。82年の本作は、そうしたLarryの歩みにおける異色作かも知れないが、時流に乗ったというレベルを超えた眩さがある。

●収録曲
1. Waiting To Let Go - 4:24
2. Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ - 3:19
3. Marooned / ひとりぼっちのアフタヌーン - 5:01
4. The Best Is Yet To Come / 乾いた季節 - 3:05
5. Number One Girl / 君はナンバー・ワン - 3:34
6. Satisfaction Guaranteed (I Could Give You Love) / サティスファクション - 3:19
7. Only Seventeen - 4:04
8. Hollywood / 哀しみハリウッド - 4:58
9. Just Another Girlfriend / アナザー・ガールフレンド - 3:14
10. Hang On - 3:49


◆プロデュース: John Ryan

◆参加ミュージシャン: Jon Goin(g), Nicky Hopkins(k), Gabriel Katona(sy), David Hungate(b), Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), David Sanborn(sax), Bill Champlin/Tom Kelly/Richard Page/Rick Danko/Rosemary Butler(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/07/04 16:23 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(3)
コメント
このジャケットアルバムはよく見た記憶があるのですが、ラりー・りーは良く知りませんでした。カントリー・ロック・グループは大好きなので今度聴いてみます。ご紹介ありがとうございました。
2017/07/05 06:28 ローリングウエスト URL
あっ「Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ」の人でしたか!よく知ってました!

2017/07/05 06:30 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは

そうです!「Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ」の人です。ジャケットも割と有名ですよね。このアルバムの音は眩しいようなAORですが、フォーク/カントリーの影響を何となく感じます。この人の本来の立ち位置はそちらなのだろうと思います。
2017/07/05 10:07 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/397-00104763
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター