音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Fools Goldの1977年のアルバム『Mr. Lucky』。
Fools Gold / Mr. Lucky (1977年)
Fools GoldはDan Fogelbergのバック・バンドとして活動をスタートしたウェスト・コーストのグループ。デビュー・アルバムは1976年の『Fools Gold』で、その頃の彼らは4人組であったが、セカンド・アルバムの本作『Mr. Lucky』をリリースする頃には、Tom KellyとDenny Hensonのデュオ・グループになっている。

本作は、爽やかなウェスト・コースト・サウンドが詰まった柑橘系フルーツのようなアルバム。"闇夜に浮かび上がるゴールドのネオン" というジャケットからは想像できない快晴のサウンドを聴くことができる。「Wouldn't I Love To Love You」や「Fly Away」のようなバラードにも、じめっとした湿度はなく、メロディの美しさと二人のハーモニーの爽やかさが印象に残る。

全曲が二人のオリジナルで、Tom Kellyはその全てに貢献。バック・ミュージシャンは、TOTOの面々(Mike Porcaro, Jeff Porcaro, David Paich)やDavid Foster、Bill Champlin等、LAの実力派で固められ、演奏とサウンドはフレッシュで生き生きとしている。

本作を最後に彼らはグループを解散。伸びやかなハイトーン・ヴォーカルを操るTom Kellyは売れっ子のバックアップ・シンガーとなり、『Airplay / ロマンティック』を始めとする多くのアルバムに参加するほか、Billy Steinbergとi-Tenというユニットを組み、83年に唯一のアルバム『Taking A Cold Look』を残している。

このTomとBillyは優れたソングライター・チームとしてその後も活躍し、Madonnaの「Like a Virgin」(84年)を始め、Cyndi Lauperの「True Colors」(86年)、Whitney Houstonの「So Emotional」(87年)、Heartの「Alone」(87年)、The Banglesの「Eternal Flame」(89年)と、80年代に全米No.1ヒットを量産した。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発。i-Tenの『Taking A Cold Look』のCDも同時に再発されており、お薦めである。

●収録曲
1. Sweet Country Air - 4:14
2. I Can Hear The Whistle Blow / 口笛が聞こえる - 2:54
3. Wouldn't I Love To Love You / ラヴ・ユー - 4:24
4. Runnin' And Hidin' - 3:53
5. Fly Away - 3:54
6. Gypsy Brew - 2:43
7. Mr. Lucky - 4:16
8. Where Did Our Love Go Wrong / ゴー・ロング - 3:58
9. Captain - 5:57


◆プロデュース: Keith Olssen

◆参加ミュージシャン: Tom Kelly/Denny Henson(vo, g, ar)
with Andrew Gold/Waddy Wachtel(g), David Foster(k, ar), David Paich/Bill Champlin(k), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per), Dan Forgelberg(lap steel), Mel Collins/Tom Scott(sax), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/15 17:50 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
コメント
Fools Goldは初めて知りましたが小生の大好きなDan Fogelbergのバック・バンドだったのですか!いい曲ですね~。AORの名アーティストと沢山お付き合いがあったんですね。エアプレイのロマンティックは近日中に特集予定です。

(PS)「スティーリー・ダン」の「エイジヤ」を公開しました。今月死去したウォルター・ベッカーの哀悼…(∪_∪;)
2017/09/18 16:04 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

Fools Gold、いいですよ。カリフォルニア産の柑橘物のような爽快なAORです。
スティーリー・ダンの『エイジャ』の記事、拝見しました。ウォルター・ベッカー氏の訃報には私も驚きました…。『Two Against Nature』の2000年の日本公演(@東京国際フォーラム)を観たのですが、そのコンサート・パンフを今も大切にしています。宝物です。
2017/09/18 18:22 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/400-bfb5f7e1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター