音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Niteflyteの1981年のアルバム『Niteflyte II』。
Niteflyte / Niteflyte II (1981年)
Niteflyteは、Sandy Torano(g)とHoward Johnson(vo)の二人が結成したマイアミのソウル・ユニット。彼らは2枚のアルバムを残しており、どちらもフリー・ソウルやAORの人気盤になっている。本作『Niteflyte II』は彼らのセカンド・アルバムである。

収録曲は1曲目の「You Are」を除いて彼らのオリジナルで、Howard Johnsonが1曲(6)、Sandy Toranoが残り全てを書いている。また、Sandy Toranoはファースト・アルバムに続いて本作のプロデュースを担当した。

「You Are」はMark CraneyとBrad Coleの作で、Mark Craneyは、同一人物かは不明だが、Gino Vannelliの78年の名盤『Brother To Brother』において見事な腕前を披露したドラマーと同じ名前である。

この「You Are」は、キャッチーなメロディと躍動感溢れる演奏、都会的で洗練されたアレンジの三拍子が揃った、惚れ惚れするようなナンバー。

SMAPの94年のヒット曲「がんばりましょう」の元ネタとして知られており、「がんばりましょう」のサビの部分 "Hey Hey Hey Girl(Boy)" には、この曲の "Hey Hey Hey You" の部分が使われた。「あれっ、どこかで聴いたような…」と思ったら、理由はそういうことである。

続く「You're Breaking My Heart」は、美しくセンチメンタルなバラード。イントロのきらきらしたピアノに続いて流れ出す哀愁を湛えたメロディがとてもロマンティックだ。

切れ味抜群のグルーヴと蕩けるようにロマンティックなバラード。そのどちらにも都会的な洗練と哀愁がある。この2曲がNiteflyteの魅力を十分に伝えている。

Sandy Toranoのギターの腕もかなりのもの。「You Are」のソロではエモーショナルな速弾きを披露し、「Anyway You Want」のイントロではシャープなカッティングを見せ、インスト曲の「Alicia's Song」ではフュージョン・タッチの哀愁味あるギターを聴かせる。

ラストの甘美なバラード「I Knew It Couldn't Happen」のエンディングでは、ベースとサックスとヴォーカル・ハーモニーが幻想的で美しいメロディを織りなし、さながら10ccの「I'm Not In Love」を思わせる。こうしたポップなセンスを持ち合わせているところも人気の秘密だろう。

●収録曲
1. You Are - 3:49
2. You're Breaking My Heart - 4:12
3. Shoot From The Hip - 4:19
4. Anyway You Want - 4:07
5. Sexy Dancer - 4:11
6. On Your Own - 3:54
7. Alicia's Song - 4:18
8. I Knew It Couldn't Happen - 3:51


◆プロデュース: Sandy Torano, Barry Mraz

◆参加ミュージシャン: Sandy Torano(vo, g, ar), Howard Johnson(vo)
with George Bitzer(k), Chocolate Perry/Frank Cornelius(b), Steve Ferrante/Joe Galdo(ds), Joe Lala(per), Jeff Kirk(sax), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/20 17:06 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/403-06299cf4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター