音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Niteflyteの1981年のアルバム『Niteflyte II』。
Niteflyte / Niteflyte II (1981年)
Niteflyteは、Sandy Torano(g)とHoward Johnson(vo)の二人が結成したマイアミのソウル・ユニット。彼らは2枚のアルバムを残しており、どちらもフリー・ソウルやAORの人気盤になっている。この『Niteflyte II』は彼らのセカンド・アルバム。

収録曲は1曲目の「You Are」を除いて彼らのオリジナルで、Howard Johnsonが1曲(6)、Sandy Toranoが残り全てを書いている(「Anyway You Want」はFrank Corneliusとの共作)。また、Sandy Toranoはファースト・アルバムの『Niteflyte I』に続いて、アルバムのプロデュースを担当した。

「You Are」はMark CraneyとBrad Coleの共作。Mark Craneyは、Gino Vannelliの78年の名作『Brother To Brother』で見事な腕前を披露したドラマーと同じ名前だが、同一人物かどうかは分からない。

この「You Are」は、キャッチーなメロディ、躍動感溢れる演奏、都会的な華やかさの三拍子を揃えた、惚れ惚れするようなナンバー。サビの "Hey Hey Hey You" は、SMAPの94年のヒット曲「がんばりましょう」の元ネタとしても知られている。

続く「You're Breaking My Heart」は美しすぎるバラード。イントロのきらきらした鍵盤の音に続いて流れ出すメロディの、なんと切なく爽やかで、ロマンティックなことか…。

軽やかなレゲエの「Shoot From The Hip」をはさんで、「Anyway You Want」と「Sexy Dancer」ではふたたび切れ味抜群のグルーヴで攻める。シャープなナンバーとうっとりするように美しいバラードがあり、どちらも爽やかに洗練しているところがNiteflyteの魅力。

Sandy Toranoのギターの腕もかなりのもの。「You Are」では情熱的なソロを弾き、「Anyway You Want」のイントロではシャープなカッティングを披露し、インスト曲の「Alicia's Song」ではフュージョン・タッチの哀愁味のあるギターで魅せる。

ラストの甘美なバラード「I Knew It Couldn't Happen」のエンディングでは、ベース、サックス、ヴォーカル・ハーモニーが一体となって、さながら10ccの「I'm Not In Love」のような幻想的で美しい音を奏でており、とても豊かな聴き心地。

アルバムのバック・カヴァーに記されたSandy Toranoのメッセージが泣かせる。

This album is dedicated to the memory of my grandmother, Bonita Lopez
Nov. 4, 1904-Nov. 18, 1980

●収録曲
1. You Are - 3:49
2. You're Breaking My Heart - 4:12
3. Shoot From The Hip - 4:19
4. Anyway You Want - 4:07
5. Sexy Dancer - 4:11
6. On Your Own - 3:54
7. Alicia's Song - 4:18
8. I Knew It Couldn't Happen - 3:51


◆プロデュース: Sandy Torano, Barry Mraz

◆参加ミュージシャン: Sandy Torano(vo, g, ar), Howard Johnson(vo)
with George Bitzer(k), Chocolate Perry/Frank Cornelius(b), Steve Ferrante/Joe Galdo(ds), Joe Lala(per), Jeff Kirk(sax), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/06 12:17 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/403-06299cf4
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ