音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

John O'Banionの1981年のアルバム『John O' Banion / 僕のラヴ・ソング』
John O'Banion / John O'Banion (僕のラヴ・ソング) (1981年)
John O'Banionはインディアナ州ココモ生まれのシンガー。13歳の頃からローカル・バンドで歌い始め、長い下積みを経験した後、34歳の年に出したファースト・アルバムが本作である。

プロデュースをJoey Carbone(k)とRichie Zito(g)のコンビが担当しており、1曲のカヴァー・ソング(8)を除いて、全ての曲をこの二人が中心となって書いている。

このアルバムからはミディアム・テンポの「Love You Like I Never Loved Before / 僕のラヴ・ソング」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの24位を記録した。ほのぼのと懐かしさを感じさせるメロディが心地よいナンバーだ。

JoeyとRichieはとても優れたソングライター・コンビで、「Love Is Blind」のようなロック・ナンバーから、「You're In My Life Again」や「Love Is In Your Eyes」のようなロマンティックなバラードまで、フックのある瑞々しいメロディの曲が揃っている。「Love Is Blind」は、Uriah Heepも83年作のアルバム『』でカヴァーした。

John O'Banionは透明で伸びやかなハイトーン・ヴォイスの持ち主。天与の声と下積みで磨いた歌唱力を駆使して、エモーショナルにロマンティックに歌う。スケールの大きな歌いっぷりは見事で、JoeyとRichieの作る曲の良さを存分に引き立てている。

歌の上手さだけでなく、清潔なルックスやどこか陰のある佇まいが日本では受けた。82年の東京音楽祭に招かれてグランプリを獲得し、翌年には映画『里見八犬伝』の主題歌を歌っている。2007年のバレンタイン・デーに他界し、帰らぬ人となった。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから2016年9月に高品質SHM-CDで再発された。個人的にすごく好きなアルバムである。

●収録曲
1. Love You Like I Never Loved Before / 僕のラヴ・ソング - 3:29
2. You're In My Life Again / 涙でもう一度 - 3:09
3. Love Is Blind - 3:34
4. Our Love Can Make It / 二人のメイク・ラヴ - 3:12
5. Love Is In Your Eyes / 瞳にうちあけて - 3:17
6. Come To My Love - 3:21
7. Take A Chance On Love / 恋のチャレンジ - 3:14
8. Walk Away Renee / いとしのルネ - 2:30
9. If You Love Me - 3:30
10. She's Not For You / 哀愁のフィナーレ - 4:00
11. Something About Your Love (Bonus Track)
12. Greener Pastures (Bonus Track)


◆プロデュース: Joey Carbone(k, per, bv, ar), Richie Zito(g, ar)

◆参加ミュージシャン: Dennis Belfield(b), Carlos Vega(ds), Lenny Castro(per), Bobby Kimball/Jon Joyce/Jimmy Haas/Stan Farber(bv), James Newton Howard(strings ar)


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2017/10/03 19:22 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/408-6c9f598c
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ