音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Terence Boylanの1977年のアルバム『Terence Boylan』。
Terence Boylan / Terence Boylan (1977年)
Terence Boylanはアメリカのシンガー・ソングライター。後にSteely Danを結成するDonald FagenとWalter Beckerとは大学のクラス・メイトであった。

Terence Boylanのファースト・アルバムは69年の『』。Bob Dylanのようなフォーク・ロックを指向した作品で、Donald FagenとWalter Beckerも全曲で演奏している。実はこれがFagenとBeckerの最初の録音らしい。

それから8年後に出されたセカンド・アルバムが本作。爽やかなウェスト・コースト・サウンドに包まれた美しいアルバムで、「Shake It」や「Sundown Of Fools」、「Rain King」など、メロディの瑞々しいナンバーを揃えている。

ファースト・アルバムに続いてDonald Fagenが参加し、2曲(1, 5)でピアノを弾いている。確かに「Shame」のサウンドやピアノの音色にはSteely Danの曲のようなクールな味わいがある。また、Steve Lukatherが2曲(4, 6)でギターを弾いており、これがLukatherの初レコーディングとのこと。

リリース時の邦題は『リリシズム』だったらしい。"叙情主義" ということだが、Terence Boylanのしなやかな歌声には詩的でロマンティックな響きがあるので、そのような邦題が付いたのだろう。

Terence Boylanが翌年にプロデュースしたDane Donohueのアルバム『Dane Donohue』は、本作の雰囲気とよく似ている。Donohueの歌声はBoylanにとても近いし、『Dane Donohue』の2曲目の「Dance With The Stranger」などは、まるで本作の「Don't Hang Up Those Dancing Shoes」のよう。聴き比べると面白い。

●収録曲
1. Don't Hang Up Those Dancing Shoes - 3:30
2. Shake It - 3:48
3. Sundown Of Fools - 2:43
4. The War Was Over - 4:21
5. Shame - 4:40
6. Hey Papa - 4:00
7. Where Are You Hiding - 4:09
8. Rain King - 3:38
9. Trains - 5:20


◆プロデュース: Terence Boylan(vo, g, ds)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Dean Parks(g), Donald Fagen/Al Kooper/David Paich/Jai Winding(k), Victor Feldman(k, per), Chuck Rainey/Wilton Felder/Bob Glaub/Lee Sklar(b), Jim Gordon/Jeff Porcaro/Russ Kunkel(ds), John Klemmer(sax), Don Henley/Timothy B.Schmit/Tom Kelly(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/10/07 19:41 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
コメント
デイン・ドナヒュー
こんばんは。
これもいいアルバムですよね。「Don't Hang Up Those Dancing Shoes」の世界観は、ホント、デイン・ドナヒューのアルバムと一緒。こっちが本家だと思いますが、私はデインのアルバムを先に聴いていたので、あっちが本家のように感じてしまいます(苦笑)。
テレンスの次のサードアルバムは失敗作のようですね。個人的にはデインがなぜ1作でこの世界を去ってしまったのか、すごく気になります。
2017/10/07 20:05 240 URL [ 編集 ]
Re: デイン・ドナヒュー
240さん、こんばんは

凄くいいですよね、このアルバム。デイン・ドナヒューのアルバムもそうですが、こういう逸品に出会うと感動します。デインに関する情報は少ないですね。とても謎めいたミュージシャンです。
テレンスの3作目『Suzy』については、輸入CDが今度発売されるみたいですね。Amazonでサンプルを聴いた印象では、前半はいまひとつですが、後半は2作目と同じ路線でかなり良いです。購入する予定です。
2017/10/07 23:55 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/412-f18a07b2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター